2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

« 【近況】【馬名決定】シーズライクリオの12→カルナヴァレスコ | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.351 »

2014年3月 8日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.381

(中山11R)弥生賞(G2)

◎トゥザワールド、○ワンアンドオンリー、▲アデイインザライフ、△キングズオブザサン、×アズマシャトル、×エイシンエルヴィン

初めての関東圏への輸送になりますが、落ち着き払った気性なので、トゥザワールドには問題ないと思います。ここは同馬の充実度を信頼。前走は控える競馬を試み、4角で外へモタれる感じで少しヒヤッとしましたが、仕掛けてからの脚の速さは特筆もの。先頭に立てば、後ろから差されそうな雰囲気はしません。この母系らしく頭の高さはありますが、膝が良く上がり、それでいて回転力もあるフットワークは持って生まれたモノでしょう。

対抗はラジオNIKKEI杯の勝ち馬ワンアンドオンリー。阪神巧者なので、前走の成績は多少手控えた方が良いのかなと思いますが、中山とはコース形態が似ているので、ここでも恥ずかしい競馬はしないと思います。前走後は厩舎に置いてみっちり調整。馬体・動きに力強さが増して、確実に成長を遂げています。鞍上はフェブラリーS以外、重賞で冴えまくっています。

将来性はここでも随一のアデイインザライフ。ラストは確実に脚を伸びしてきそうですが、まとめて面倒見るほどの完成度には到っていないでしょう。先々を占う意味で、この相手でどういうパフォーマンスを見せることができるかは注目したいです。

この条件での安定感はキングズオブザサン。今回は良い枠が当たり、持ち味の機動力に粘りが加わりそう。今の時計の掛かる中山の馬場はプラスでしょうし、後ろを気にせずに、強気の競馬をすれば、見せ場以上あっても。

アズマシャトルは前走早めに動いた分、甘くなってしまいました。その反省を生かして、じっくり構えて末脚勝負に徹すれば、面白いかも。ただ、爪の薄い馬らしいので、今の中山の馬場は不向きかもしれません。

エイシンエルヴィンはきさらぎ賞3着馬。ひと叩きして、稽古の動きは素晴らしいです。課題は距離延長と小回りコース。意外とこれには苦戦してしまうように思います。

« 【近況】【馬名決定】シーズライクリオの12→カルナヴァレスコ | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.351 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【近況】【馬名決定】シーズライクリオの12→カルナヴァレスコ | トップページ | 焼魚定食のコロコロ予想 vol.351 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ