2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 自分自身との戦い。平常心を保って折り合いさえスムーズなら。☆ラストインパクト | トップページ | 先月24日に帰厩。岩田Jとのコンビで東京・雲雀Sへ。☆ロードガルーダ »

2014年2月 2日 (日)

道中のロスを少なくして自分の競馬に徹するのみ。どの着順まで押し上げることができるか…。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

日曜東京11R 根岸S(ダ1400m) 7枠14番 横山典J

藤沢則調教師「今回は予定通りの追い切りをこなしましたし、太目感もなく良い仕上がりで競馬を使えそうです。今回は56キロで出走できるのも大きいと思いますし、ダ1400mはこの馬にとってベストの条件だと思うので、あとはゲートで大きく後手を踏まなければ勝負になると思っています」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回東京2日目(2月2日)
11R 根岸S(G3)
サラ ダート1400メートル 4歳上OP 国際 指定 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エーシントップ 牡4 58.0 酒井学
1 2 アドマイヤロイヤル 牡7 57.0 四位洋文
2 3 ダノンカモン 牡8 56.0 三浦皇成
2 4 スリーボストン 牡7 56.0 北村友一
3 5 スノードラゴン 牡6 56.0 大野拓弥
3 6 ゴールスキー 牡7 56.0 F・ベリー
4 7 ジョーメテオ 牡8 56.0 坂井英光
4 8 ドリームバレンチノ 牡7 57.0 内田博幸 
5 9 ノーザンリバー 牡6 57.0 蛯名正義
5 10 テスタマッタ 牡8 58.0 田辺裕信
6 11 セレスハント 牡9 57.0 丸山元気
6 12 ティアップワイルド 牡8 57.0 石橋脩
7 13 ブライトライン 牡5 57.0 戸崎圭太
7 14 シルクフォーチュン 牡8 56.0 横山典弘
8 15 アドマイヤサガス 牡6 56.0 池添謙一 
8 16 セイクリムズン 牡8 57.0 北村宏司

○片山助手 「相変わらずいい動きをしている。引き続き申し分ないデキ。脚質的に東京コースは合うし、ここでも末脚に賭けるだけ。持ち味の生きる展開になってくれれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一昨年の覇者ですが、その当時と比べると、スプリント指向が強まっていると思うので、ラスト200mから末脚の爆発力をどれだけ維持できるかがポイント。昨年の中京・プロキオンSでも最後の最後でジリジリになっていました。

ただ、東京ダ1400mは砂地点でのスタート。最近は芝のレースを使ってきていますが、芝スタートと比べると、ロスなくレースに参加できるように私は思っています。その分を末脚に転換できれば…。枠に関しては、もう少し内の方が良かったかもしれませんが、偶数枠が当たったのはラッキー。少しポコッと出てもいいので、大きなロスとなることを避けてもらえればと思います。

展開ですが、最内枠に入ったのでエーシントップがハナへ行く形でしょうか。その後にスリーボストン、ブライトラインが続く形でしょうか。そう速い流れにはならないでしょうか。ギュッと馬群が凝縮してレースが進んだ方が大外から一気に面倒を見やすいかもしれません。

8歳馬なので大きな期待をかけるのは酷かもしれませんが、例年と比べると、毛ヅヤの良さが目を惹きます。状態はかなり良さそうです。横山典Jには、武蔵野Sでミスした分をこのレースできっちり挽回して欲しいです。

スムーズに追走して直線で外へ持ち出せれば、必ず見せ場は作ってくれるでしょう。あとはどの着順まで押し上げることができるか…。先のことを考えずに、ここに全力投球でお願いします。

« 自分自身との戦い。平常心を保って折り合いさえスムーズなら。☆ラストインパクト | トップページ | 先月24日に帰厩。岩田Jとのコンビで東京・雲雀Sへ。☆ロードガルーダ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分自身との戦い。平常心を保って折り合いさえスムーズなら。☆ラストインパクト | トップページ | 先月24日に帰厩。岩田Jとのコンビで東京・雲雀Sへ。☆ロードガルーダ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ