2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 春天を睨んで、次走は中山・日経賞を予定しています。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(3歳関西馬・入厩組) »

2014年2月27日 (木)

ロードなお馬さん(関東馬)

Photo_3 ロードシュプリーム(牡・久保田)父ロードアルティマ 母ジャックカガヤキ

千葉・北総ファーム在厩。ウォーキングマシン40分、ダートコース・ダク2000m→キャンター6000m(1ハロン25~27秒ペース)、障害練習。

○当地スタッフ 「2月24日(月)に走路上に設置された障害へ。危なっかしい面は全く見られず、一定以上の手応えを得られました。ジャンプ訓練でトモがパンとしてくれば、平地での走りにも力強さが備わるでしょう。飼い葉食いを含めてコンディションは良好です」

Photo_6 デルフィーノ(牝・牧)父ハーツクライ 母レディアーティスト

茨城・松風馬事センター在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「左側の肩口と肘に筋肉痛の症状が表れています。でも、これは乗り進めながら解消する程度。問題は馬体細化ですね。飼い葉食いが今一つで先週末の数値は441キロでした。今しばらくはマシン内の運動に留めて推移を見守るのがベターでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードシュプリームは着々と障害練習を進めています。今のところは気難しい面を見せずに、それなりの飛越を見せているとのこと。障害練習でトモがパンとしてくれば良いのですが、逆にトモに疲労を蓄積してしまう可能性もあります。後者にならないように、注意して欲しいです。

デルフィーノは詰めて使ったダメージは大きく、馬体の細化が目立つ様子。元々、カイバ食いの悪いタイプですが、まだ内面に疲れを残しているのでしょうね。春は無理をせず、じっくり立て直した方が賢明でしょう。牧調教師の好判断(無理してオークスを目指さない)を願っています。

« 春天を睨んで、次走は中山・日経賞を予定しています。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(3歳関西馬・入厩組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードシュプリーム」カテゴリの記事

(引退)デルフィーノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春天を睨んで、次走は中山・日経賞を予定しています。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(3歳関西馬・入厩組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ