2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 菊花賞激走の疲れも癒え、10日に栗東・松田博厩舎へ戻ってきました。☆ラストインパクト | トップページ | 地方第4戦。1ハロン延長でレースぶりに余裕が出れば…。☆フライトゥザピーク »

2014年1月12日 (日)

動きの良さは目立つも、もう少しフックラしてきてくれないと…。★デルフィーノ

Photo_6 デルフィーノ(牝・牧)父ハーツクライ 母レディアーティスト

1月9日(木)重の美浦・ウッドチップコースで6ハロン83.7-68.4-53.3-38.6-13.1 4分所を馬なりに乗っています。短評は「細いが動き良く」でした。1月26日(日)中山・若竹賞・混合・芝1800mに後藤騎手で予定しています。

○牧調教師 「1月9日(木)はウッドで約83秒をマーク。長目から行った分だけ調教を終えた直後に多少フーフー言っていたものの、それだけ負荷の掛かる稽古へシフトしたと受け取って下さい。来週は引き続きコンビを組む後藤騎手に直接跨ってもらう予定です」

≪調教時計≫
14.01.09 助手 美南W重 83.7 68.4 53.3 38.6 13.1(4) 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中山最終週の若竹賞へ向けての調整を進めているデルフィーノ。9日の追い切りも馬任せの内容ですが、先週とは違い6ハロンから。まだ息のは入りが一息みたいですが、さすがの脚力を見せてくれています。

ただ、不安もあります。元々細身の馬ですが、フックラしてこないのは気になるところ。精神的にリラックスできていれば良いのですが、イラつくような面を見せている姿を想像してしまいます。今後、桜花賞も視野に入れて、コンスタントに使っていくことになるなら、ボリュームを保った馬体で復帰戦を迎えるのがベストです。

しかし、見るからに輸送に弱そうなタイプ。1度リズムを崩すと、立て直すのに時間も要しそう。東京芝2000mで始動した馬ですし、オークス出走を目指すことに専念して欲しいです。

« 菊花賞激走の疲れも癒え、10日に栗東・松田博厩舎へ戻ってきました。☆ラストインパクト | トップページ | 地方第4戦。1ハロン延長でレースぶりに余裕が出れば…。☆フライトゥザピーク »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)デルフィーノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 菊花賞激走の疲れも癒え、10日に栗東・松田博厩舎へ戻ってきました。☆ラストインパクト | トップページ | 地方第4戦。1ハロン延長でレースぶりに余裕が出れば…。☆フライトゥザピーク »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ