最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« まずは除外にならずにホッと一安心。土曜中京・浜松Sへの出走確定。☆ロードガルーダ | トップページ | 年明けのデビューを目指して、これから奮闘することに。☆ヴィッセン&ロードブルースカイ »

2013年12月 5日 (木)

前走ほどのデキにはないも、条件はベスト。日曜中山・カペラSで連覇を目指します。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:角馬場でハッキング、馬場でキャンター 4日にCWコースで追い切り

藤沢則師「先週の追い切りで体がすっきりし、無駄のない体になりましたね。いい状態で競馬に向かえると思いますし、この条件では負けられないと思っているので、しっかり力を出し切ってほしいですね」(12/4近況)

助 手 4CW良 81.4- 65.0- 50.8- 38.1- 13.2 末強目余力

⇒⇒日曜日の中山11R・カペラS(G3)に横山典Jとのコンビで出走します。(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【カペラS】栗東レポート~シルクフォーチュン(ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

12月8日(日曜日)中山競馬場で行われる第6回カペラステークス(ダート1200m,サラ3歳以上,オープン G3)に出走を予定しているシルクフォーチュンについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

シルクフォーチュンについて、藤沢則雄調教師

・前走の武蔵野ステークスは勝負どころでポジションを押し上げていって前のグループに取り付いていった時に前がつまる形になりました。そのあたりがスムーズならあわやという場面があったかも知れません。その後は変わらずいい状態が続いています。

・先週びしっと追い切ってあるので今日はラストに重点を置く内容でした。ただ馬場の影響で少しのめるような面がありましたが全体の時計は良かったので合格点と言えると思います。

・武蔵野ステークスはこの馬にとってあまり相性が良くなかったので、今回実績のある中山ダートで前走の分も取り返してもらいたいですね。競馬ファンのみなさんから「ウォーッ」という声が上がるようなレースを期待します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【カペラS】連覇狙うシルクフォーチュン 藤沢則師「いつも通り」(スポニチより)

このレース連覇を狙うシルクフォーチュン(牡7=藤沢則)は今年も武蔵野Sから参戦して前走着順はくしくも昨年と同じ11着。追い切りはCWコース単走で6F81秒4~13秒2を刻んだ。藤沢則師は「いつも通りのこの馬の動き。(調教パートナーの)片山君が手の内に入れているからね。しっかり我慢できていた」と評価。「前走もしまいはいい脚を使っている。中山の1200メートルダートは追い込みが利きやすい」と直線強襲をイメージしていた

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4年連続出走となった武蔵野Sはスタートの出遅れで終わったシルクフォーチュン。ここ3年とは違ってレースが流れたので勿体ない1戦になりましたが、元々ここが勝負レース。ゲート再審査等の制裁を食らわなかったのが幸いでした。

前走後の調整は、1週前にビシッと追って、レース当週は終い重点というこれまでどおりのパターン。水曜日の追い切りは幾分脚取りが重くて硬さがあるように感じました。序盤に少し掛かったのかな? デキに関しては、前走の方が上かなと思います。

まあ、それでもしっかり負荷を掛けていますし、レースへ行けば、気持ちで走ってくれるタイプ。中山・ダ1200はベストの条件なので、フォーチュンの形で競馬が出来れば、確実に上位争いしてくるかなと思っています。

« まずは除外にならずにホッと一安心。土曜中京・浜松Sへの出走確定。☆ロードガルーダ | トップページ | 年明けのデビューを目指して、これから奮闘することに。☆ヴィッセン&ロードブルースカイ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まずは除外にならずにホッと一安心。土曜中京・浜松Sへの出走確定。☆ロードガルーダ | トップページ | 年明けのデビューを目指して、これから奮闘することに。☆ヴィッセン&ロードブルースカイ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ