2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« ムキにならずに走れたのは良かったも、ラスト100mからの粘りのなさは相変わらずで…。★シルクバーニッシュ | トップページ | 位置取りが悪くなってしまうも、最後までしっかり脚を使えたのは今後への収穫。☆ウォースピリッツ »

2013年12月 2日 (月)

良い位置で競馬を進めるも、直線でひと伸びが利かずに9着に終わる。★ロードオブザリング

Photo ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

11月30日(土)中京11R・金鯱賞(G2)・国際・芝2000mに藤田Jで出走。14頭立て10番人気で5枠7番から平均ペースの道中を5、5、5、5番手と進み、直線では最内を通って1秒5差の9着でした。馬場は良。タイム2分01秒1、上がり35秒9。馬体重はキロ増加の500キロでした。

○藤田騎手 「良いポジションで運べ、道中の手応えも上々。ただ、勝負処でペースが上がると付いて行けぬ感じでした。完璧に立ち回れたと思うものの、この結果だけに・・・。そこがオープン特別との違い。ちょっと重賞では荷が重いのかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Sペースの瞬発力勝負を見越して、スタートからポジションを取りに行く競馬。内々の良いところを追走できたと思いましたが、いざ直線を向いてから、ギアチェンジが出来ないまま、ゴールへなだれ込んだ格好です。2走目のポカではないでしょうね。

“重賞では荷が重い”というのはもっともな意見だと思いますが、前走のように序盤はじっくり構えて、勝負どころから動いて行く形がやはり合っているのかなと思いました。どこかで急がせると、脚が溜まらずに終わってしまうんでしょう。

パドックでは元気がなさそうに見えましたが、外々を歩いていたので、デキ落ちということはないと思います。500キロなら、馬体重は許容範囲なのかもしれませんが、490キロ台をキープして臨んでもらいたかったです。

今後は未定ですが、昨年と同じような過程を辿るなら、年明けの日経新春杯でしょうか。個人的には正月競馬のOP・万葉S(芝3000m)にチャレンジして欲しいと思っています。OPでコンスタントに勝ち負けできる存在をまずは目指してもらいたいです。

« ムキにならずに走れたのは良かったも、ラスト100mからの粘りのなさは相変わらずで…。★シルクバーニッシュ | トップページ | 位置取りが悪くなってしまうも、最後までしっかり脚を使えたのは今後への収穫。☆ウォースピリッツ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ムキにならずに走れたのは良かったも、ラスト100mからの粘りのなさは相変わらずで…。★シルクバーニッシュ | トップページ | 位置取りが悪くなってしまうも、最後までしっかり脚を使えたのは今後への収穫。☆ウォースピリッツ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ