最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 次走へ向けて、角馬場+コースでじっくり乗り込み中。☆シルクフォーチュン | トップページ | レース間隔を稼ぐために、既に吉澤ステーブルWESTへ移動しています。★ロードクラヴィウス »

2013年12月27日 (金)

次走へ向けて、早速坂路でビシッと。状態はかなり良さそう。☆シルクラングレー

Photo シルクラングレー(牡・友道)父クロフネ 母ジブリール

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路か馬場でキャンター
次走予定:京都1月5日・ダ1900m(川須J)

助手「真面目に走れば、前走ぐらいは当たり前に走ってくれる馬だと思います。ブリンカーの効果もあったと思いますし、このクラスは勝っている馬なので、条件が嵌れば結果も付いてくると思います。一度使ったことで、体も引き締まってきているし、上積みも見込めると思うので、次走は期待したいですね。27日と31日に追い切りをかけて、来年に備えておこうと思います」(12/25近況)

助 手 26栗坂稍 62.9- 45.7- 29.5- 14.8 馬なり余力
助 手 27栗坂不 56.0- 41.0- 26.4- 13.1 一杯に追う アドマイヤゼファー(古500万)一杯を0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々の前走で2着に頑張ったラングレー。先週は控え目な調整に終始していましたが、27日に坂路で上がり重点でしっかり負荷を掛けています。ひと叩きして、状態はグンと上がってきているようです。

前走はゲートで躓くロスがありましたが、この馬のレース運びとすれば、序盤ゆっくり追走させてあげて、勝負どころから距離ロス覚悟で外を動いていく形がベストだと再認識しました。ブリンカーを着けているとはいえ、プッツンしやすい気性。馬群で窮屈な競馬は不向きでしょう。

今年は1勝を挙げて、1000万下でレースをすることが出来ました。馬体は1000万下でも見劣りません。課題は難しい気性と速い時計への対応。冬場はパサパサで力の要る馬場なので、ラングレーには追い風です。500万下は再度勝ち上がれるでしょうが、来年は1000万下で堅実な走りを見せるくらいまで、ステップアップして欲しいです。

« 次走へ向けて、角馬場+コースでじっくり乗り込み中。☆シルクフォーチュン | トップページ | レース間隔を稼ぐために、既に吉澤ステーブルWESTへ移動しています。★ロードクラヴィウス »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクラングレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次走へ向けて、角馬場+コースでじっくり乗り込み中。☆シルクフォーチュン | トップページ | レース間隔を稼ぐために、既に吉澤ステーブルWESTへ移動しています。★ロードクラヴィウス »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ