2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« まだまだ控え目な乗り運動も、悪い方には進んでいません。☆アンビータブル | トップページ | 次走未決定も、日経新春杯が有力。☆ロードオブザリング »

2013年12月30日 (月)

タフな馬場を走った影響で、両前のソエが気になりだしている現況。★ジューヴルエール

Photo_3 ジューヴルエール(牡・池江寿)父ディープインパクト 母マチカネタマカズラ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:曳き運動

助手「結果は出せませんでしたが、今後に繋がる競馬をしてくれたと思います。ブリンカーの効果も見られましたし、芝だと少し下を気にして走っていると後藤騎手も言っていたので、次走はダ1800mを試してみようと思っています。ただ、レースの反動で両前のソエが気になり出しているみたいなので、今週一杯はゆっくり調整して、落ち着きそうならそのまま進めて行こうと思います。ウッドチップと違って競馬場の馬場だと衝撃が伝わり易いので、特にこの馬には影響しやすいのかもしれません。状態を見て進め具合を決めたいと思います」(12/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走で浮上のキッカケを掴んだジューヴルエールですが、タフな馬場を走った影響で両前のソエがややぶり返してきているとのこと。優先権を確保した後なだけに、ちょっとチグハグな感じを受けてしまいます。こういうところが波に乗れずに低迷した今年の春以降を象徴しているように思います。

デビュー2戦目にデニムアンドルビーを封じて初勝利を挙げた時は期待が高まりましたが、馬場を気にして走るのは相変わらずでしたし、気の弱さを持っていることも判明してしまいました。

来年はクラス再編成前に500万下突破がひとまずの目標かと思います。500万下は素質であっさりクリアして欲しいのですが、ソエや爪の不安を完全に解消することが先決なのかもしれません。良血馬が覚醒してくれるのを待ち続けるのみです。

« まだまだ控え目な乗り運動も、悪い方には進んでいません。☆アンビータブル | トップページ | 次走未決定も、日経新春杯が有力。☆ロードオブザリング »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ジューヴルエール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ控え目な乗り運動も、悪い方には進んでいません。☆アンビータブル | トップページ | 次走未決定も、日経新春杯が有力。☆ロードオブザリング »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ