2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 7着という結果は残念も、今後も色々と教え込みながら大事に進めて欲しい。★グランドサッシュ | トップページ | 圧巻のパフォーマンスで香港スプリント連覇。見事に有終の美を飾る。☆ロードカナロア »

2013年12月10日 (火)

自分の競馬は出来たも、追い込み切れずに3着に敗れる。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

中山11R カペラS(G3・ダ1200m) 3着(2番人気) 横山典J

まずまずのスタートでしたが、いつものように控えて道中は最後方を追走、3コーナー手前から進出を図り、3・4コーナー中間で外に持ち出すと、直線では大外から懸命に前を追ったものの、あと一歩及ばず3着に敗れています。

横山典騎手「こういう馬場では、普通は追い込み馬は全く用ないですよ。それでも3着に来るんだから、力は見せてくれたと思います。状態は良かったですし、ゲートも問題なく出てくれました。本当は一雨ほしいと思っていたのですが、この馬は運がないですね」

藤沢則調教師「このパサパサの馬場では、後ろから行く馬にはつらいですね。スタートは上手く出ましたし、4コーナーでは追い出しを待つぐらいの余裕があったのですが・・」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

いつものように最後方から。各馬が動いた後からの仕掛けになったが、昨年のように4角から直線半ばまでの追い上げが強烈だった。ただ、今年はそこからが案外だった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

走破時計&上がり3ハロンの時計を見ると、昨年と遜色のないものなのですが、追い込み切れずに3着に。最後の坂で力尽きてしまった格好です。

稽古の動きを見ると、ややデキ落ちかと心配したのですが、パドックに登場したフォーチュンは気合乗り上々。レースへ向けて良い集中力を感じました。

そして、前走で大きく出遅れたゲートはですが、偶数枠も良かったのでしょうが、中では行儀良く、ほぼ五分のスタート。道中もしっかり折り合っていたので、後は突き抜けてくれることを願っていたのですが…。昨年に比べると、4角を回ってくる脚がやや迫力がなかったかもしれません。馬体はまだまだ若々しい馬ですが、さすがに年齢的な衰えは少しずつ来ているのかなあという印象を持ちました。

今年は残念ながら勝利を挙げることなく終わってしまいますが、G1レースに3度出走し、常に頑張ってくれました。大きな怪我なく、今年も1年良く頑張ってくれたと思います。残り少ないであろう現役生活ですが、1戦1戦を大事に使っていって欲しいです。

今後はフェブラリーSを目標に進めることになるでしょうが、本番は距離が長いので、個人的には根岸Sを経由して、臨んでもらえたらなあと思います。

« 7着という結果は残念も、今後も色々と教え込みながら大事に進めて欲しい。★グランドサッシュ | トップページ | 圧巻のパフォーマンスで香港スプリント連覇。見事に有終の美を飾る。☆ロードカナロア »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7着という結果は残念も、今後も色々と教え込みながら大事に進めて欲しい。★グランドサッシュ | トップページ | 圧巻のパフォーマンスで香港スプリント連覇。見事に有終の美を飾る。☆ロードカナロア »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ