最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 自分の競馬は出来たも、追い込み切れずに3着に敗れる。☆シルクフォーチュン | トップページ | まだまだ頼りなさが目立つも、2戦目で地方初勝利を挙げる。☆フライトゥザピーク »

2013年12月10日 (火)

圧巻のパフォーマンスで香港スプリント連覇。見事に有終の美を飾る。☆ロードカナロア

Photo_3 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

12月8日(日)香港5R・香港スプリント(G1)・国際・芝1200mに岩田Jで出走。14頭立て1番人気で12枠1番から道中を6、4、1番手と進み、直線で抜け出して0秒81差で優勝。13勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分08秒25。馬体重は3キロ減少の491キロでした。

○岩田騎手 「落ち着きを保ちながらも、しっかり気持ちは入っている状態。安田先生はじめスタッフさんが最高に仕上げて下さったのでしょう。12番枠からのスタート。コース外側が伸びていた傾向も踏まえ、直線まで上手く持って来られれば・・・と思っていました。今までで最も強い競馬。最後のレースと分かっていたのか、馬自身が本気を見せてくれた感じでした。良い形で引退レースを飾れて嬉しい限り。このような馬に巡り会えた事は騎手冥利に尽きますね」

○安田調教師 「馬自身の具合も本当に良かったので、アクシデントさえ無ければ大丈夫・・・と思っていました。そうは言っても断然の人気。さすがに戦前はドキドキでした。でも、スタートが決まった時点で一安心。レースは割と冷静に見られたでしょう。最高のラストラン。これで引退なのは本当に寂しいものの、素晴らしいDNAを産駒に伝えて欲しいですね。いつかロードカナロアの仔で再び香港に挑戦できれば・・・。ひとまず12月10日(火)に帰国の予定」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【香港スプリント】カナロア連覇で有終の美!(サンスポより)

8日に香港・シャティン競馬場で行われた第15回香港スプリント(3歳上、G1、芝1200メートル、14頭立て、1着賞金=855万香港ドル)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気ロードカナロア(栗東・安田隆行厩舎)が直線で楽々と抜け出し、スプリント戦のGI戦とは思えないぶっちぎりの圧勝。見事に同レース連覇を果たし、引退レースを勝利で飾った。タイムは1分8秒25(良)。

これが「龍王」(ロードカナロアの中国語表記)の強さだ。花道を飾るうえでこれ以上ない、G16連勝を圧巻の強さで達成した。日本の短距離王ロードカナロアが、香港スプリント連覇を成し遂げ、惜しまれつつターフを去る。

好位の外をスムーズに追走したロードカナロアは、4コーナーで先頭に並びかけると、直線に入っても仕掛けを我慢するほどの余裕。岩田騎手が満を持して追い出すと、一瞬のうちに後続を置き去りにする。ラストランを強烈な強さで飾ったカナロアが、シャティンに詰めかけた満場のファンを熱狂させた。5馬身差の2着は11番人気のソールパワー(アイルランド)。3着にはフレデリックエンゲルス(香港)が入った。

ロードカナロアは、父キングカメハメハ、母レディブラッサム、母の父Storm Catという血統。北海道新ひだか町・ケイアイファームの生産馬で、(株)ロードホースクラブの所有馬。通算成績は19戦13勝(うち海外2戦2勝)。重賞はG3京阪杯(2011年)、G3シルクロードS、G1スプリンターズS、G1香港スプリント(12年)、G3阪急杯、G1高松宮記念、G1安田記念、G1スプリンターズS(13年)に次いで9勝目。安田隆行調教師、岩田康誠騎手ともに香港スプリントは昨年に続き2勝目。

◆岩田康誠騎手「最高の形で引退レースを勝てたのを幸せに思います。寂しくも思いますが、こういう馬に出会えたことは騎手冥利に尽きます。追い切りの具合も良いと聞いていたので、スタッフのみんなが最高の状態に仕上げてくれました。今までになく、一番強いレースでした。馬も引退だと分かっていたのか、本気で走ってくれました」

◆安田隆行調教師「多くのファンの皆さまの前ですばらしいラストランができて、とてもよかったです。引退は大変寂しいですが、今後はカナロアのDNAをたくさんの子どもに引き継いでほしいです。次はカナロアの子どもで、香港の皆さまの前に来ることを約束します」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

異国の地でベストパフォーマンスを見せ付けるとは、これまでの日本馬では考えられないことです。環境に動じず、オンオフがしっかりしている賢さがこれまでの成績に繋がっています。

結果を知ってから、レースを見たのですが、隣の馬が逃げを主張してくれたので、レースはしやすくなったと思います。馬群の外で折り合いをつけて手応え抜群。4角でズブさを見せることが多かったですが、今回はほぼ持ったままで直線へ。そしてラスト300mからは桁違いの末脚。第2の馬生に向けて、良いアピールにもなったと思います。

気合不足でやや黄色信号が灯った時がありましたが、厩舎スタッフの尽力の賜物とカナロアの絶対能力が見事に噛み合った勝利となりました。これでG1・6勝というのは、他人事のように感心するばかり。これ以上の馬に出資することは今後もないと思います。

まだ詳しいことは決定していないようですが、来春から種牡馬入りとなります。サンデーの血が入っていないのは魅力ですし、逆にディープインパクトと相性の良いストームキャットの血が入っているのも良いのではないでしょうか。そして、パンク(故障)することなく、種牡馬入りすることも価値があると言われています。自身の能力を引き継いだ仔が数年後に出てくるのは今から楽しみです。

あと、どうでも良いことですが、初めてG1を勝った後、G1レース出走時の記事は縁起を担いで2012年のスプリンターズS優勝時の画像を使ってきてきました。このジンクスが崩れなかったこともホッとしています(笑)。

それにしても、凄いパフォーマンスを最後の最後で見せてくれました。今回のレースはいつまでも記憶に残る1戦になると思います。

« 自分の競馬は出来たも、追い込み切れずに3着に敗れる。☆シルクフォーチュン | トップページ | まだまだ頼りなさが目立つも、2戦目で地方初勝利を挙げる。☆フライトゥザピーク »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
ロードカナロア!圧巻でしたね!
ラストランで海外でベストパフォーマンス、こんな馬は見たことありません。
こんな馬に出資できたこと、G1を勝つごとに信じられない気持ちが大きくなりました。
しかも最後がこれですから・・・(^_^;)
寂しい気持ちが徐々に出てきていますが、父としてのカナロアがとても楽しみでもありますし、
今後カナロアっ仔に出資して、大舞台へ進んでくれたら最高です☆
本当にお互いおめでとうございました!

toraumaさん、こんばんは
お互いの出資馬カナロアはカッコよく最後を締めくくってくれましたね。抜け出して遊ぶところを見せながら、5馬身差。その強さに感心するばかりです。

気性的にキンカメの良さをパーフェクトに引き継いでいますし、あとはサンデーの血が入っていない優位さを今後の種牡馬生活で生かしてもらいたいです。ロードでも多数募集されることになるでしょうから、1頭でも多く活躍する仔が出てきて欲しいですね。

大きな故障をすることなく、ホント頑張ってくれた孝行息子でしたね。

焼魚定食さんこんばんはm(__)m

ロードカナロア最後にG1制覇おめでとうございました(^-^)/

まだいけるとは思うんですけど、この子の子供を早くみたいですし、バクシンオーに続くスプリント系種牡馬になってくれることを期待しています(^-^)v

焼魚定食さん、こんばんは☆
ロードカナロア、心配はどこふく風、去年以上のパフォーマンスで圧勝でしたね。
レース後は明日のジョーじゃないですけど(笑) 頭が真っ白になりました^^;

冬場が得意なのはあるんでしょうけど、やはりあちらの馬場が合うんでしょうかね。
北海道や阪神で負けているので、あまりそういう気はしませんでしたが、小回りより広いコースで直線が長い方が向くのかな?

最初映像を見たときに、観客の顔がこわばっていたのでカナロアに勝たれてショックだったのかな?って思っていたのですが、後ろで酷い落馬事故があったみたいですね。
パトロール映像ではもろに写っていて可哀想でした。

今後はどこで種牡馬になるんでしょうね?
今日のクラブの更新で引退の文字を見て少し寂しさが出てきました。
もうHPでカナロアの情報が更新されないと思うと辛いですね・・・・★

ボビー777さん、おはようございます。
カナロアへのお祝いのお言葉ありがとうございます。香港でのある走りを見せられると、あと1年はバリバリ活躍できそうですね。

その一方で、種牡馬としての期待も馬産地から高いでしょうから、たくさんの産駒を送り出せることを考えれば、ベターな判断かと思います。

カナロアの仔にも出資してみたいですし、大きな舞台で活躍できる馬が出てきてくれることを願っています。

ぼんちゃんさん、おはようございます。
昨年以上のパフォーマンスにして、現役生活でも1番の快勝劇でしたね。そう簡単に行かないと思っていたので、5馬身差はあっけに取られてしまいました。

今回はスタートが決まり、リズム良く追走できたのが大きかったと思います。外枠が当たって、他馬から嫌がらせをされることもなかったですしね。完璧なレース運びで直線を向いてくれました。追ってからは伸びる馬なので、あとは自己アピールの場になりましたね。

昨日の更新で、ロードカナロアの情報はラストみたいですね。ちょっと味気なく感じましたが、無事検疫を終えて、引退式に備えてもらえればと思います。今後については、早くハッキリして、安心したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の競馬は出来たも、追い込み切れずに3着に敗れる。☆シルクフォーチュン | トップページ | まだまだ頼りなさが目立つも、2戦目で地方初勝利を挙げる。☆フライトゥザピーク »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ