2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 帰厩が少し延びるも、状態は変わらず良好。復帰が待ち遠しい。☆グランドサッシュ | トップページ | まずは素質の片鱗を伺わせる走りを見せて欲しい。☆ベルフィオーレ »

2013年11月16日 (土)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.357

(東京11R)東京スポーツ杯2歳S(G3)

◎サトノアラジン、○リターンラルク、▲クラリティシチー、△ラングレー、×イスラボニータ、×ワンアンドオンリー

一瞬の加速度はそれほどではないですが、エンジンが掛かってしまえば、その性能の違いを見せ付けそうなのがサトノアラジン。小回りの中山だと信頼度は低いですが、直線の長い東京コースはもってこいのタイプ。自分から動いていって、早めに後続を引き離す形に持って行きたいです。人気でもここは信頼してみたいと思います。

対抗は少しひねってリターンラルク。久々の前走は4着に終わりましたが、最後の末脚は目立つものでしたし、東京コースは絶好の舞台。重賞でレースが流れてくれるでしょうから、前走からの前進は必至かと。

クラリティシチーの前走はスタートの後手が響きましたし、直線もちょっと狭いところに入ってしまいました。稽古でのフットワークの良さは好印象ですし、叩いた今回はガラッと変わってきそうです。

ラングレーは随所に若さを残しますが、それでもスパッと抜け出してきた脚は才能の証。1度使った上積みはかなり大きいですし、稽古でも良い動きを見せていました。ここでもいきりない良い競馬が出来るなら、来年の主役に育っていく馬へとなっていくのでしょう。

レースセンスと完成度の高さが目立つイスラボニータ。1戦ごとの上昇度は良血馬に見劣るでしょうが、これまでのレースぶりからも大崩れはなさそう。ワンアンドオンリーは馬群からの競馬が出来ますし、そこからしっかり抜け出してくる勝負根性が光ります。速い時計になると、厳しいかもしれませんが、鞍上と手が合いそうですし、1発あっても不思議ない馬です。

« 帰厩が少し延びるも、状態は変わらず良好。復帰が待ち遠しい。☆グランドサッシュ | トップページ | まずは素質の片鱗を伺わせる走りを見せて欲しい。☆ベルフィオーレ »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰厩が少し延びるも、状態は変わらず良好。復帰が待ち遠しい。☆グランドサッシュ | トップページ | まずは素質の片鱗を伺わせる走りを見せて欲しい。☆ベルフィオーレ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ