最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« いよいよ地方競馬での第1戦を迎えます。☆フライトゥザピーク | トップページ | ロードなお馬さん(5歳・牧場組) »

2013年11月12日 (火)

ゲートで大きく立ち遅れて勝負あり。ゲート再審査を免れたのは救われました。★シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

日曜東京11R 武蔵野S(G3・ダ1600m)11着(5番人気) 横山典J

ゲートで立ち上がって大きく出遅れ、道中は離れた最後方を追走、3コーナー過ぎに馬群に取り付き、直線では大外に持ち出して追い上げを図りましたが、いつものような脚は見られず、中団でゴールしています。

横山典騎手「ゲートはギリギリまで我慢していたのですが、最後の最後で立ち上がってしまいました。でもこればかりはこの馬の癖だからしょうがないですよ。それでもあの位置から早めに取り付いて、3,4コーナーではかなり引っ掛かっていた割に直線向いてからは馬なりで上がっていけるんだから、やはり大したもんですよ。ああいうスタートになったので、こうなったら今後1800mぐらいを使えるかどうかの練習というつもりで乗りましたが、向正面で集団に取り付いて、ちょっと引っ張ったらガツンと引っ掛かってしまいました。本当は1200mを使った後ということで、ゲートを普通に出たらいつもより前に行ってみようと思っていたんですけど、そうなったら引っ掛かって手に負えなかったかもしれません。やはり気性的に距離は保たないようですね。ゲートを開けるのがあと1秒早いか、もう少し待ってくれればと思いますが、それもしょうがないことです。今回は悪いことが全部出てしまった感じですから、切り替えましょう。元々次の1200mが勝負だと思っていましたから」

藤澤則調教師「最悪のタイミングでゲートが開いてしまいましたね。もう少し早く開けてくれれば良かったのですが・・。ゲートは注意を受けてしまいましたが、2回目なのに再試験にならなかったのは、発走委員もその辺を考慮してくれたのかもしれません。練習では全然大丈夫なんですけどね。乗り役は『今日は具合が良過ぎたのか、いつもより燃えていた』と言っていました。3,4コーナーでかなり引っ掛かっていたみたいです。次走は予定通りカペラステークスに向かいます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大きく出遅れてしまい、万事休す。歩様も硬めで本調子ではなかった。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年、フェブラリーS2着後に駐立不良で出走停止→ゲート再審査を食らっていたので、今回の大出遅れで次走予定のカペラS出走がアウトになったかなと覚悟したのですが、それを免れたのが何よりです。

前走のパドックでは久々で力みがありましたが、今回は逆に大人しいのかなと思うくらいの落ち着きぶり。追い切りの脚取りも軽かったので、状態は非常に良かったのでしょう。

ゲートは先入れでガチャガチャするところが見受けられたので、早く全馬入ってスタートを切って欲しいなあと見ていたら、脚を上げかけたところでゲートが開いてしまいました。これほど豪快に出遅れたのは初めて。こうなったら、諦めるしかありません。また、前走で芝の1200mを使ったことで折り合いを欠いてガツンと引っ掛かったとのこと。4角までに取り付く脚は凄かったですが、坂を上がってからは余力がありませんでした。

例年ペースが落ち着く武蔵野Sですが、今年は序盤から流れてG1向きの流れ。普通の競馬を出来ていれば、チャンスだったかと思いますが、運もないですね。

コメントを見ると、次走も横山典Jが乗ってくれそうです。中山ダ1200mはベスト条件だと思うので、今回の大暴走分をきっちり取り返してもらいたいです。

« いよいよ地方競馬での第1戦を迎えます。☆フライトゥザピーク | トップページ | ロードなお馬さん(5歳・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ地方競馬での第1戦を迎えます。☆フライトゥザピーク | トップページ | ロードなお馬さん(5歳・牧場組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ