最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(NF天栄・放牧組) | トップページ | 勝負どころで強気に動いた分、最後に甘くなってしまう。少し勿体ない6着。★シルクキングリー »

2013年11月10日 (日)

不得意な馬場でも直線でもうひと頑張り。態勢不利の中、3着をキープする大健闘。☆ロードオブザリング

Photo ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

11月10日(日)京都10R・アンドロメダS(OP)・国際・芝2000mに藤田Jで出走。15頭立て11番人気で4枠7番から平均ペースの道中を14、13、10、9番手と進み、直線では外を通って0秒3差の3着でした。馬場は重。タイム2分02秒4、上がり35秒9。馬体重は2キロ増加の494キロでした。

○藤田騎手 「降り続いた雨の影響で渋った馬場コンディションに。でも、こんな状況でも本当に頑張って走ってくれました。乾いたコースならば楽に勝っていたのでは・・・と思えたぐらい。京都も合うのでしょう。それにしても前回の函館と同じく不得手の道悪競馬。どうも運が無い感じですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○藤田騎手「こんな馬場でよく走ったと思う。京都コースは合っているし、良馬場だったらもっとやれていたはず」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

後方を追走。3~4コーナーは先に動いたテイエムイナズマを前に見る形で、直線は馬場の外へ持ち出す。力の馬場も苦にせず、ゴール前は4着馬を抑えて入線。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サトノシュレンが気合をつけて大逃げし、展開は向いたとは思いますが、リングの意外性がここでも発揮。この3着は大健闘だと思います。また、前走で今回の何倍ものタフな馬場を経験していたのも役立ったかもしれません。この父の仔らしく6歳になっても、じわじわと成長してくれているのは嬉しい限りです。

直前の稽古で遅れたので、馬体が10キロ近く増えてるかなあと予想していたのですが、プラス2キロでの出走。冬場は510キロ以上で競馬をしたこともありますが、これぐらいがベスト体重かなと思います。

パドックでは特に目立つ気配ではありませんでしたが、外々を周回。それなりの調教をこなして、走れる態勢は整っていました。

スタートはいつもどおりの遅さ。まあ、藤田Jも行く素振りはありませんでした。序盤は後方でゆっくり追走。向正面でやや外めに出してポジションを押し上げ、勝負処からはラウンドワールドの後を追いかける形に。ただ、直線に入ると、スッと差を付けられ、リング自身の手応えも悪く見えました。

“まあ、ここまでか…”と諦めモードでしたが、直線で外めに持ち出すと、そこから渋太い脚を発揮。外からモンテエンが伸びてきて、併せ馬の形になったのもプラスに出たのかなと思います。ラスト50mくらいでモンテエンに前へ出られたように見えましたが、上げ下げでゴール板のところだけハナ差出ていました。枝葉の長い馬体+顔の大きさが効きました。

前走6秒5も負けているのに、放牧を挟んだだけで良く盛り返してくれました。普通あれだけ負けると、走る気力が失せても不思議ありません。また、鞍上の藤田Jとも手が合うんでしょうね。ジワジワと脚を使いながらも、最後でもうひと頑張りさせてくれています。

まあ、今回3着と走ったからといって、次も期待できるかとなると別問題です。期待するとあっさり裏切ってくれるのがリングです。今後もマイペースに頑張って欲しいですし、息の長い活躍を期待しています。

« シルクなお馬さん(NF天栄・放牧組) | トップページ | 勝負どころで強気に動いた分、最後に甘くなってしまう。少し勿体ない6着。★シルクキングリー »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さん、こんにちは。

ロードオブザリング頑張りますね。
抜けて人気になるタイプの馬ではないですから、連絡みすると配当的に美味しいですね。
このクラスだと常時掲示板というわけにはいかないでしょうから、惨敗さえしなければといったところでしょうか。

昨年この下に出資しましたが、初戦で大差負けのタイムオーバーで現在立て直し中です。
近いうちに復帰らしいですが、牝馬なのに500Kg近い体重になったようでどうなるのやら。
初戦の負けがあまりにもひどかったので、復帰戦はどんなレースをされても大丈夫かな(笑)
でも、ちょっと期待してる。

今年からこの血統はロードに居ないようなので最後になるかもしれません。
母親も高齢ですしね。

ロードもそんなに馬の金額が高くないから、長く付き合っていくのはいいのですが、出資馬の金額を振り込みじゃなくて銀行引き落としにしてくれると言う事無いんですけどね。

ちょっと間違えてしまいました。

ロードオブザリングの下の2歳はまだ育成段階でデビューしてませんでしたね。
成長もイマイチなようで、来春にデビュー出きれば御の字でしょう。
夏にデビューして2戦ほどして、スーパー未勝利出して終わりのような気がしてなりません。
父がジャングルポケットじゃなきゃ出資しなかった馬です。
今年はバゴですが、これには出資しない予定です。

それにしてもレディフューチャーとシンコウエトワールを間違えるようでは駄目ですね。

ことしは一長一短あってなかなか決まらないです。

グルーヴィさん、こちらにもありがとうございます。
ロードオブザリングは人気で惨敗が多い反面、期待の薄いところで激走してくれる掴みどころのないお馬さんです。重賞では厳しいでしょうが、OP特別でコツコツと着を拾ってもらえればと思います。藤田Jとも非常に手が合いますね。ロードに入会して最初に出資した馬の1頭なので、長く現役を続けてもらいたいです。

リストワールはデビュー前の稽古は動いていたので、気性面での成長が伴えば、結果が付いてくるのかなと思います。父ロードアルティマはちょっと難しい面が仔馬にも出てしまうのでしょうね。

ロードオブザリングの下はずっと募集されていますが、牝馬はキツイ気性を受け継いでしまうようですね。プロテクションは品の良さを持ち合わせていますが、ひ弱さが目立っていますね。フックラしてくれば、変わってくるのだと思うのですが…。

2013の募集馬は頭数も増えていますし、様子見できる馬が大半だと思うので、じっくり考えて行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(NF天栄・放牧組) | トップページ | 勝負どころで強気に動いた分、最後に甘くなってしまう。少し勿体ない6着。★シルクキングリー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ