最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 馬場状態を考慮して控え目な追い切りに徹するも、引き続き元気一杯な様子。☆ロードカナロア | トップページ | シルクなお馬さん(池添厩舎) »

2013年11月 9日 (土)

中1週でも元気一杯。デキの良さを生かして、どこまで上位へ食い込むことができるか…。☆シルクキングリー

Photo シルクキングリー(牡・岡田)父ディープインパクト 母ステイトリースター

日曜京都12R ドンカスターC(芝1600m) 8枠15番 秋山J

調教助手「来週の東京も検討していましたが、もう少し間隔を空けないと、どうしても輸送で体が減ってしまいますからね。中2週でも体を気にしながらの調整になってしまうより、こちらで使った方がしっかり追い切りもこなせるし、京都の外回りコースの1600mはベストだと思うので、今週使うことにしました。京都までなら輸送でそれほど減ることはないと思います。1600mの方が競馬しやすくなると思うし、メンバーも抜けた馬がそれほどいない様なので、折り合い次第で十分チャンスはあると思います」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5回京都4日目(11月10日)
12R ドンカスターC
サラ 芝1600メートル 3歳上1000万下 混合 指定 ハンデ 発走16:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 インクレセント 牝4 53.0 池添謙一
2 2 ショウナンラムジ 牡4 57.0 岩田康誠
2 3 テラノイロハ 牝4 52.0 酒井学
3 4 グリーンラヴ 牡3 54.0 デムーロ
3 5 ハーキュリーズ 牡5 57.0 バルザロ
4 6 メイショウヤタロウ 牡5 56.0 藤田伸二
4 7 サクラキングオー 牡7 54.0 幸英明
5 8 マルタカシクレノン 牡5 54.0 和田竜二
5 9 ブルーハーツクライ 牡4 57.0 小牧太
6 10 サンライズメジャー 牡4 57.5 福永祐一
6 11 タガノエンブレム 牡3 55.0 川田将雅
7 12 ダンツミュータント 牡4 57.0 太宰啓介 
7 13 ディープフィールド 牡5 54.0 内田博幸
8 14 ゴットラウディー 牡5 54.0 松田大作
8 15 シルクキングリー 牡4 56.0 秋山真一郎

内山助手 「八分くらいのデキだった前走が快勝。500万下では力が違ったね。ただ、好走しているとはいえ、このクラスに入るとパンチ不足の感じがする。展開の助けがあれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々の前走を快勝して中1週でここへ使ってきたキングリー。反動は気になるところですが、上がり重点ながらビシッと追われたのは好感。反応&元気の良さが目立っています。

今回は1000万下への再昇級戦。昨秋、マイルで4着→5着と大崩れはしていません。その反面、助手さんのコメントのようにパンチ不足とも言えます。それでも、新潟の長い直線でフワッとすることなく最後まで脚を伸ばしていた姿は“オヤッ”と思いました。

前走のような走りが続けて出来れば、ここでも馬券圏内でしょう。折り合いを意識するあまり、ポジションを悪くすることは避けてもらいたいです。

相手関係に関してですが、抜けた存在はいませんが、1000万下で差のない競馬をしている馬が粒揃い。大混戦のレースとなることが予め予想できます。枠は大外となりましたが、内から抜けてくるタイプではないので、スムーズに走れるかと思います。馬場が悪化した時の適性に関しては分かりませんが、少し時計が掛かった方が良い馬という認識は持っています。

まだまだパワーアップして行って欲しい馬ですが、デキの良さでどこまで上位へと食い込んでいけるか…。馬券圏内に絡む走りを見せてもらいたいです。

« 馬場状態を考慮して控え目な追い切りに徹するも、引き続き元気一杯な様子。☆ロードカナロア | トップページ | シルクなお馬さん(池添厩舎) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクキングリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬場状態を考慮して控え目な追い切りに徹するも、引き続き元気一杯な様子。☆ロードカナロア | トップページ | シルクなお馬さん(池添厩舎) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ