2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 淀みないペースに持ち込んで、ゴール前まで粘り腰を発揮。こういう競馬を続けていけば…。☆ロードエアフォース | トップページ | 良好な検査結果を受けて、乗り運動をスタートしています。☆ロードアクレイム »

2013年9月23日 (月)

競馬までのロスが響いて、この馬らしさが見られないまま7着に終わる。★ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・松田博)父ディープインパクト 母スペリオルパール

日曜阪神11R 神戸新聞杯(G2・芝2400m) 7着(3番人気) 北村友J

やや出遅れ気味のスタートとなり、道中は後方5番手あたりを追走、残り800m付近から進出を図り、4コーナーでは先団の直後まで迫ると、直線では最内から脚を伸ばしましたが、上位には届かず中団でゴールしています。

北村友騎手「パドックで騎乗する際に、馬がうるさい所を出した瞬間に右前を落鉄してしまいました。かなり時間が掛かったために、地下馬道でもテンションが上がってしまったし、競馬に行く前にかなりスタミナを使ってしまいました。返し馬では何とか落ち着いてくれていましたが、逆にゲート前ではふっと気が抜けてしまっていたので、一度気持ちが上がった後だし、ここで無理させたくなかったので、ゲートを出てからはゆったり走らせることに徹しました。直線は上手く内が開いていたので、そこを突きましたが、最後は余力がなかったのか、じりじりとしか伸びてくれませんでした。いつもなら、もっと掛かって行く馬が折り合い過ぎていたのも確かなので、競馬までのロスがかなり響いたのは事実ですね。期待に応えられなくてすいませんでした」

松田博調教師「初めはとてもリラックスして良い感じに周回していたのですが、騎手が跨った時に自分の脚で右前の鉄が外れてしまいました。騎手が跨って戦闘モードになった後で、蹄鉄を打ち替えることになったので、かなりテンションが上がってしまいました。時間もかなり要してしまいましたし、レース前にあれだけスタミナを消費してしまうと、さすがに競馬に影響しますよね。北村騎手も上手く宥めながら乗ってくれましたが、直線に入って追い出した時はもう余力が残っていなかったみたいだし、それを考えると良く7着に来てくれたと思います。これも競馬だから仕方ないし、北村騎手は頑張ってくれたから可哀想なのですが、本番は川田騎手に手を戻して必勝態勢で臨みたいと思います」

調教助手「普段から馬房の中で自分の脚で蹄鉄を外してしまうことはありましたが、競馬では今までやったことがなかったので、まさかここでやってしまうとは思いませんでした。それだけ後ろ脚の踏み込みがしっかりしているということなのですが、競馬前にやってほしくなかったですね。蹄鉄を打ち替える時にかなり暴れていたので鼻ネジをしました。さらに、頭絡の頬革がちぎれてしまい、急遽付け替えるのにかなり時間を要してしまいました。今日はこの馬らしさをお見せできませんでしたが、菊花賞は何としてでも巻き返せるように頑張りたいと思います」(レース結果より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出負けしたが、行く気もなく後方から。道中は行きたがるのを抑えて追走。勝負どころから内を通って差を詰めていき、直線も最内へ。一瞬伸びかかってジリっぽくなってしまった。蹄鉄の打ち替えに時間がかかった影響があったか?(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックではスカッと見せて、後肢の踏み込みにバネを感じさせる歩様。非常に良いデキに見えました。しかしながら、北村友Jがパドックで跨った際に右前脚を落鉄してしまうアクシデント。戦闘態勢が整っている中での出来事だったので、テンションが上がってしまった様子。馬場入場が遅れ、結局はレース時間まで遅れる要因になってしまいました。

逆にレースでは気が抜けてしまったまま回ってきたという印象。ゲートで出負けするし、行きっぷりも今イチでした。直線入り口では最内を突く形で一瞬伸びてくるかと思いましたが、残り200mで一杯に。最後はなだれ込むようにゴールへ辿り着きました。

まあ、昨日のエピファネイアなら完璧に立ち回っても歯が立たなかったと思いますが、パドックの良い雰囲気を維持して競馬へ挑めていれば、悪くても権利は取れたかなとは思います。ただ、競馬にアクシデントはつきものですし、それを大事な1戦でやってしまう運のなさも馬の力だと思います。

最後はやや流し気味だったので、レースでの疲れは少ないかと思います。菊花賞まであと3週、今週は疲労回復といつもどおりの平常心を取り戻せるように努めてもらいたいです。そして、秋の大一番に向けて、しっかり仕上げていって欲しいです。

« 淀みないペースに持ち込んで、ゴール前まで粘り腰を発揮。こういう競馬を続けていけば…。☆ロードエアフォース | トップページ | 良好な検査結果を受けて、乗り運動をスタートしています。☆ロードアクレイム »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

悔しい1戦でしたね。
この馬はハミが抜けたり、落鉄したりといろいろ起こって悩ましい限りです。
これで本番は人気も落ちますし、川田に手戻り。
一発を期待したいですね(出れるのかな…)

stageさん、こんばんは
ラストインパクトは良い雰囲気でパドックを周回していたと思ったのですが、何とも不運な馬ですね。ただ、エピファネイアを脅かすまではどうだったのかなあ…。神戸新聞杯のような走りをダービーで出来ていたら、1馬身ほどキズナの前にいたようにも思います。

賞金面で出走できる可能性はあるでしょうが、芝3000mを激走した反動は怖いです。母父ティンバーカントリーや母系からスタミナ十分に思えますが、意外に2000mくらいが合っているんじゃないかなとも思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 淀みないペースに持ち込んで、ゴール前まで粘り腰を発揮。こういう競馬を続けていけば…。☆ロードエアフォース | トップページ | 良好な検査結果を受けて、乗り運動をスタートしています。☆ロードアクレイム »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ