2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(4歳・牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・牧場組) »

2013年8月 6日 (火)

展開が嵌まった1戦も、ゴール前で勝ち馬を急追。2着に健闘。☆ロードオブザリング

Photo ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

8月4日(日)函館11R・札幌日経オープン(OP)・混合・芝2600mに藤田Jで出走。10頭立て7番人気で8枠9番からハイペースの道中を7、8、8、4番手と進み、直線では外を通ってタイム差無しの2着でした。馬場は良。タイム2分41秒5、上がり36秒8。馬体重は6キロ減少の498キロでした。

○笹田調教師 「惜しい競馬。長丁場のレースで上手く流れも向きましたね。ただ、4コーナーで追い出しを待たされる場面。前方の馬が手応えを失くし、左右どちらへ下がって来るのか分からずに・・・との話でした。その分だけ僅かに及ばなかった感じ。ジョッキーが言うように、そこがスムーズならば押し切っていたかも知れません。もしもダメージが少なければ今後も続戦の予定。出走枠に入れる場合は札幌記念(G2)、難しければ最終週のオープン特別を考えましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○藤田騎手 「返し馬の感触から長くいい脚を使えそうな気がしていたんだ。後方からだったが流れが速くなったし、この馬向きの展開になったのも良かったようだ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

力みなく自分のペースを守って後方から、勝ち馬が動いても無理せず仕掛けを待ち、直線でバラけてから一気の急襲。脚がうまく溜まった効果もあり、ゴール前は目立つ伸び。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

重賞では荷が重い競馬が続いていましたが、少頭数のOP特別でリングの意外性が見事に発揮されました。展開が向いたのは明らかですが、最後の直線で前との差を詰めていった姿を見て、力が入りました。

スタートは五分に出るも、追っ付けずに出たなりの追走。気分良さそうに走っていたのが目につきました。レース展開はモズが主張して1000m通過が59秒台。その後、コスモラピュタがハナを奪い返したりしてペースが落ち着くことがなかったです。

ピッチが上がった時に置かれるリングには却って好都合。勝負どころで少し気合をつけた程度で押し出しを待つように直線へ。今までは大外へぶん回すことが多かったですが、距離ロスを避けて、馬と馬との間を突く形に。エンジンの掛かりは遅かったですが、最後は目立つ伸びでした。

事前に予想していた競馬とは違いましたが、デビュー2戦目以来の騎乗となる藤田Jが冷静に乗ってくれました。結果、クビ差届かずの2着はちょっと残念ですが、まだまだ年齢から来る衰えはありません。ホワイトマズル産駒らしくまだまだ息の長い活躍・頑張りを期待したいです。

« シルクなお馬さん(4歳・牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・牧場組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(4歳・牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ