2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.317 | トップページ | シルク・2歳世代最後の出資に。☆インストレーション »

2013年8月25日 (日)

肝心なところで気難しさを出してしまう。そこで離された差が詰まることなく6着に終わる。★シルクラングレー

Photo シルクラングレー(牡・友道)父クロフネ 母ジブリール

日曜函館8R 500万下(ダ1700m) 6着(6番人気) 竹之下J

気合いを付けて好位に付け、道中は5番手あたりを追走、3コーナー付近から仕掛けたもののなかなか差が詰まらず、直線でもジワジワ追い上げましたが、ポジションを上げることは出来ず、先団の後ろで流れ込んでいます。

竹之下騎手「勝ち馬がハナに行くのはわかっていたし、そうなるとペースは落ち着くだろうと思ったので、ある程度前で競馬しようと思っていました。スタートはいつもより出たし、悪くない位置取りだったと思います。ただ3コーナーでクラウディオスが上がっていった時に、外に出して付いて行こうとしたのですが、急に気難しいところを出して、突っ張るような走りになってしまい、付いていけなくなりました。それでいて直線向いて外から馬が来たら、また行き出しました。このクラスを勝てる力はあるのですが、気持ちだけなんですよね。まだ体にも余裕があったので、この後の状態次第ですが、できたら連闘したいと思っています」

友道調教師「気の悪さを出していたみたいですね。真面目に走れば勝ち負け出来るのですが、なかなか上手く行きませんね。この後の状態に変わりなければ、連闘させようと思っていますが、次走は真面目に走ってもらいたいですね」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々でプラス2キロでの出走でしたが、適度な気合乗りで、マズマズの仕上がり。気分良さそうに歩いているなあと感じました。

ゲート内でガチャガチャしていましたが、ポンと出て、二の脚もそれなりに付きました。内々を追走する形で折り合いは付いていましたし、頭を上げるようなシーンもなかったと思います。

ただ、竹之下Jのコメントどおり、勝負どころで外へ出して押し上げていこうとした時にズブさが…。どうやら鞍上の指示に反抗してしまった様子。勝負どころで前と離されて万事休すというレースになりました。ホント、掴みどころがない性格をしています。普段から調教を付けていることで、逆に馬に舐められているようにも思います。腕っ節の強い騎手でないとダメなんじゃないでしょうか。

この後は、レース前の予告どおり、連闘で来週の競馬を使う見込みです。放牧前も連闘での競馬でしたね。気分一つではありますが、外へ回すよりも、馬群に身を置いてロスなく回ってくる方が集中力が保てるかもしれません。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.317 | トップページ | シルク・2歳世代最後の出資に。☆インストレーション »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクラングレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.317 | トップページ | シルク・2歳世代最後の出資に。☆インストレーション »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ