2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« 新しい環境にも戸惑うことなく調教を続けています。☆ロードスパーク | トップページ | 遅くても再来週には厩舎へ戻りそう。☆アンビータブル »

2013年8月14日 (水)

来週出走予定も硬さが抜け切れず不安一杯。★フライトゥザピーク

Photo_2 フライトゥザピーク(牡・斎藤誠)父フジキセキ 母ウイングオブラック

・在厩場所:10日に美浦トレセンに帰厩
・調教内容:坂路コースで14日に時計
・次走予定:8月25日の新潟・芝2400m(内田J)

斎藤誠調教師「来週の芝1800は節が足りず使えないと思うので、芝2400に切り替えます」

助手「硬さがなかなか抜けないですね。前回ソエを気にしながら走ったので、肩など上の方まで負担が掛かり、歪みが出たのでしょう。ソエ自体はそれほどでもないのですが・・。来週まで何とか治療して、なるべく状態を上げていきたいと思います」(8/14近況)

助 手 11南坂良 58.5- 43.6- 28.7- 14.3 馬なり余力
助 手 14南坂良 53.9- 39.0- 25.1- 12.5 馬なり余力 ミストフェリーズ(三未勝)末強目を0.6秒追走0.4秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、出走に向けての調整を続けていますが、どうも状態が本物ではありません。美浦の検疫が取らないから急遽函館へ矛先を転じたことが、後々に響いてきています。結果論なのですが、函館の1戦は余分だったとしか思えません。ショックウェーブ治療など最善のケアを尽くしてもらいたいです。

予定していた芝1800mはレース間隔が足りないとのこと。そこで芝2400mを使うことに。どう考えても、普通に距離が長いと思います。また、この脚元の状態だと、間違いなく反動が出ちゃうでしょうね。レース当日、晴れが見込めるなら、クッションの良いダートがベターでしょう。良くなる余地が大きい馬なので、半兄みたいに壊して欲しくありません。

« 新しい環境にも戸惑うことなく調教を続けています。☆ロードスパーク | トップページ | 遅くても再来週には厩舎へ戻りそう。☆アンビータブル »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)フライトゥザピーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい環境にも戸惑うことなく調教を続けています。☆ロードスパーク | トップページ | 遅くても再来週には厩舎へ戻りそう。☆アンビータブル »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ