最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 昇級戦も先手を奪えるメンバー構成。このクラスでも通用するところを見せて欲しい。☆シルクオフィサー | トップページ | 砂を被っても問題なかったが、今回も最後ジリジリになって7着に。★ユニバーサルキング »

2013年7月 7日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.330

(福島11R)七夕賞(G3)

◎ダコール、○マイネルラクリマ、▲ユニバーサルバンク、△エクスペディション、×サトノパンサー、×モンテエン

ハンデ56~57キロの人気馬4頭のボックスで。

ダコールは重賞制覇まであと1歩のところまで来ていますが、どうも勝ち切れません。ただ、その安定感は光りますし、前走は不利が全て。中団あたりで脚を溜めて、馬群を捌く形なら突き抜けても。

小回り向きのレース運びの良さで、こちらも安定感が光るマイネルラクリマ。この自在性を兄アーネストに分けて欲しいくらいです。間隔が空いた割に攻めの量・質がちょっと物足りないので2番手評価。

追い切りでラストインパクトを突き放したのがユニバーサルバンク。この大外枠は痛いですが、これだけビシビシ調教を積めるのなら侮れません。このメンバーなら警戒必要。

鳴尾記念で2着と好走したエクスペディション。夏大好きな馬ですし、順当に上積みを見込めるでしょう。あとは結果の出ていない57キロがどうか…。

あとは芝2000の持ち時計があって53キロが魅了のサトノパンサー。ここ2走は崩れていますが、朝日CCくらい走れれば、ここなら圏内。モンテエンは球節炎明け。それでも丹念に追い切りを重ねていますし、今週は横山典Jが跨って意欲的な追い切りを消化。このひと追いでグッと変わってくれば。ここで通用する力の持ち主です。

« 昇級戦も先手を奪えるメンバー構成。このクラスでも通用するところを見せて欲しい。☆シルクオフィサー | トップページ | 砂を被っても問題なかったが、今回も最後ジリジリになって7着に。★ユニバーサルキング »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昇級戦も先手を奪えるメンバー構成。このクラスでも通用するところを見せて欲しい。☆シルクオフィサー | トップページ | 砂を被っても問題なかったが、今回も最後ジリジリになって7着に。★ユニバーサルキング »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ