2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 直線は渋太く粘ってくれるも、6着と掲示板を外す。★シルクアポロン | トップページ | 折り合い面で進歩は窺えるも、開幕週であの位置取りではここまで。★ロードシュプリーム »

2013年7月30日 (火)

キャリアの浅さを露呈して11着に惨敗。★シルクバーニッシュ

Photo_2 シルクバーニッシュ(牡・領家)父アドマイヤムーン 母ビービーバーニング

スタートを決めてハナに立ち、レースを引っ張る展開となりましたが、4コーナー手前で早くも2番手の馬に並び掛けられる形となり、直線に入って交わされてしまうと、そのまま後退して敗れています。

藤懸騎手「適度な気合乗りでしたし、競馬に影響するほどの入れ込みも見られなかったのですが、4角に入って横の馬に交わされると全く手応えが無くなってしまいました。前半もそれほど無理していなかったし、ここまで脚が上がってしまうとは思いませんでした。繊細な馬みたいなので、長距離輸送もあまり良くなかったのかもしれません。でも、これだけ人気をしていただけに、本当に惨敗してしまって申し訳ありませんでした」

調教助手「確かに輸送で体が減り過ぎていたと思いますが、覇気がなくなっていた訳ではないし、藤懸騎手が騎乗してからは、とても気持ちが乗っていい感じで返し馬に行ったので、力は出せると思っていました。藤懸騎手には、今後は1200mを中心に使って行くので、それを考えて勝ってこいと言っていたのですが、あそこまでバッタリ脚が止まってしまうとは思いませんでした。繊細な馬だけに、長距離輸送も堪えたと思うので、今後は出来るだけ短い輸送で済む競馬場で使って行く方が良いかもしれませんね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ハナは切れたが、2着馬に結構絡まれた。とはいえ、ちょっと止まり過ぎの印象。中1週が応えたか。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の内容から圧倒的人気を集めましたが、マイナス10キロでの出走ということで、怪しいシグナルを送っていたバーニッシュ。中1週でも活気はあったと思いますが、長距離輸送によるダメージが最後に出てしまったのでしょう。

レースは前走同様に好ダッシュ。ただ、内からエイシンテキサスがハナへ行きそうな構え。結果論ですが、外枠だっただけに相手を行かせても良かったでしょうね。2ハロン目が10秒3。ちょっとスピードの絶対値を信頼しすぎた感があります。バーニッシュだけでなく人気馬を背慣れていない藤懸Jの若さが出たと思います。また、2着馬のエイシンテキサスはデビュー戦を好時計で勝ち上がっているように能力の高い馬。これにピタッとマークされたのも辛かったです。

期待が高かっただけに、ショックな負け方になりました。まあ、非凡な能力を持っているのは疑いのないところなので、心身の大幅な成長が求められます。

しっかり立て直して、秋競馬での巻き返しを果たしてもらいたいです。

« 直線は渋太く粘ってくれるも、6着と掲示板を外す。★シルクアポロン | トップページ | 折り合い面で進歩は窺えるも、開幕週であの位置取りではここまで。★ロードシュプリーム »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクバーニッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 直線は渋太く粘ってくれるも、6着と掲示板を外す。★シルクアポロン | トップページ | 折り合い面で進歩は窺えるも、開幕週であの位置取りではここまで。★ロードシュプリーム »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ