最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 来週から始まる中京開催の後半戦でのデビューが濃厚かな?☆ロードストーム | トップページ | 横山典Jの好判断に導かれ、約2年ぶりの勝利を挙げる。☆シルクオフィサー »

2013年6月22日 (土)

勝ち馬を追い詰めることはできなかったが、今後に向けて収穫の多い2着。☆アンビータブル

Photo_4 アンビータブル(牝・安田隆)父ブライアンズタイム 母アンビナウン

6月22日(土)阪神7R・3歳上500万下・牝馬限定・ダート1200mにC.ウィリアムズJで出走。16頭立て3番人気で1枠2番から平均ペースの道中を6、4、3番手と進み、直線では内を通って0秒3差の2着でした。馬場は重。タイム1分11秒1、上がり36秒0。馬体重は2キロ増加の464キロでした。

○安田調教助手 「スタートで寄られて後手を踏む形に。確かに勝ち馬は強かったものの、その分のロスが結果的に大きく響いた印象です。でも、早目にポジションを押し上げながらも最後まで集中力を切らさずに走れたのは収穫。走破タイムも優秀な部類でしょう。精神面を含めて成長を感じる内容だったと言えそう。レース直後の馬体等に問題は無く、また週明けの様子を確認した上で次の目標を検討したいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○C.ウィリアムズ騎手 「自分としてはスタートを決めたくて集中していたけど、出てすぐに内の馬が寄ってきて大きなロスがあった。道中はスムーズ。乗りやすかったから、それさえなければ……」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

やや出負け気味だったが、その後はうまく立ち回って徐々にポジションを上げ、3コーナーでは好位のインをキープ。直線の入り口で内から2番手に上がる。勝ち馬との差はなかなか詰まらなかったものの、後続には3馬身半差をつけた。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬群の中をグイグイと上がって行った時は直線での失速を覚悟しましたが、そこからもうひと脚を使わせたC.ウィリアムズJの手腕に脱帽です。レース前は合わないと思っていましたが、ホント失礼しました。

結果は前が止まらない馬場で、勝ち馬の強さが目立ちました。あの時計で走られては仕方ないでしょう。

パドックではいつもと変わらない感じでしたが、以前のカリカリした面が薄れ、落ち着きが出てきたようにも思いました。

課題のゲートは後入れの偶数枠を利して、内枠でもギリギリまで待つ工夫。少し立ち遅れ気味のスタートでしたが、大きなロスに至らなかったところに、内の馬が寄ってくる形に。そこで少しバランスを崩してしまいました。

嫌気を差してしまったかなと見ていましたが、ウィリアムズJは内からスルスルと前へ。少し頭が高いように見えましたが、アンビータブルは折り合いを欠くことなく走れていました。鞍上の手綱捌きの妙かもしれませんが、半年くらい前のアンビータブルでは考えられない走りでした。

その後も順位を押し上げて、4角を回ってくる頃には2番手に。直線では必死に勝ち馬を追いましたが、その差は詰まらず2着に。3着以下は離していますし、勝ち馬を褒めるしかありません。

これでアンビータブルは1着→2着→2着と3戦連続で頑張ってくれました。以前は気ムラな面を覗かせていましたが、ようやく本物になってきたと見て良いでしょう。負けはしましたが、今後に向けて収穫の大きい1戦になったことが嬉しいです。

« 来週から始まる中京開催の後半戦でのデビューが濃厚かな?☆ロードストーム | トップページ | 横山典Jの好判断に導かれ、約2年ぶりの勝利を挙げる。☆シルクオフィサー »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)アンビータブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来週から始まる中京開催の後半戦でのデビューが濃厚かな?☆ロードストーム | トップページ | 横山典Jの好判断に導かれ、約2年ぶりの勝利を挙げる。☆シルクオフィサー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ