2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 福島開催はパスして、新潟開催に向けて調整することになりました。☆ロードシュプリーム | トップページ | まだ控えめな調教も、馬場の重いCWコースで軽快な脚取りを披露。☆ラストインパクト »

2013年6月27日 (木)

ラスト1ハロンは失速も、テンからしっかり負荷をかけた調教を消化。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:CWコースで26日に時計
・次走予定:7月7日の中京・プロキオンS(藤岡康J)

藤沢則調教師「雨の影響もありますが、今日はテンからしっかりやった分、終いは少し時計が掛かってしまいました。でも脚色が鈍っていた訳ではないので、1週前としては良い追い切りをこなせたと思います。馬体は前走とほぼ変わらないぐらいをキープしているし、今回は輸送も短くなることで、プラス体重で競馬に臨めるのではないかと思っています」(6/26近況)

助 手 26CW重 82.1- 65.1- 51.1- 38.5- 13.5 追って一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週のプロキオンSへの出走を予定しているシルクフォーチュン。水曜日にCWコースで1週前追い切りを消化しました。

最後はテンから積極的に行った分と雨で重くなった馬場が応えてラスト1ハロン13秒5と失速しましたが、しっかり負荷を掛けることができたことを評価したいです。来週は上がり重点でしっかりまとめる調教が出来ればベストでしょう。

JRAのダート短距離の重賞は数が少ないので、メンバーは揃うと思います。まあ、その中でも大崩れはしないでしょう。ただ、繊細な馬なので、フォーチュンと同型の追い込み馬はあまり揃って欲しくないです。

« 福島開催はパスして、新潟開催に向けて調整することになりました。☆ロードシュプリーム | トップページ | まだ控えめな調教も、馬場の重いCWコースで軽快な脚取りを披露。☆ラストインパクト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島開催はパスして、新潟開催に向けて調整することになりました。☆ロードシュプリーム | トップページ | まだ控えめな調教も、馬場の重いCWコースで軽快な脚取りを披露。☆ラストインパクト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ