最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 重賞では荷が重いことを実感させる14着敗退。★ロードオブザリング | トップページ | JRA競走馬登録完了。☆ロードストーム »

2013年6月 3日 (月)

久々の芝のレースで力のあるところを再認識。☆シルクオフィサー

Photo_2 シルクオフィサー(牡・大竹)父マヤノトップガン 母ナイトクルーズ

東京12R 500万下(芝1400m) 3着(7番人気) 横山典J

横山典騎手「返し馬は相変わらずだし、今日は出てくれたけど、中でも何かしそうな雰囲気はありましたよ。ここ数戦1200mを使って来たと言っても、前半に急がせるような競馬はしていなかったから、もう少しジワッと行けるかと思ったけど、ペースが遅かったこともあって行きたがっていたね。それでも終いまで頑張っているし、結果的には悪いポジションではなかったですからね。やっぱり芝の方がいいということでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

テンションが高く、馬っ気が出ていた。実戦では好位で何とか我慢は利いたし、直線は一旦は2番手に押し上げたが…。ゴール前で内をすくわれての3着だが、収穫はあった。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックでは馬っけを出したりと暴れ放題だったシルクオフィサー。ただ、イレ込んで発汗が激しいということでもなかったので、これは彼のキャラクターでしょう。また、裏を返せば、状態が上がってきている証かもしれません。

レースでは課題のスタートを五分に出ましたが、内々で引っ張りながらの追走。ペースが遅かったこともあり、じわりじわりと前へ行く形になってしまいました。

直線を向くと、勝ったミナレットは楽に押し切るような手応え。さすがに届かないと思いましたが、馬場の中ほどから2番手に上がる勢いはありました。ただ、最後はジリジリになってしまい、内から伸びてきたルネッターアスールに交わされての3着に終わりました。

血統面では芝・ダートを問わない感じですが、前脚を掻きこむ馬ではないので、芝向きの走法なんでしょう。まだまだ教え込みながらの競馬ですが、パンとすれば、さすがにこのクラスは再度卒業できると思います。

反動の出やすい左回りを使ったことで、今はレース後の状態が心配です。ショックウェーブ治療等など手を尽くして、続戦できるようなら良いのですが…。

« 重賞では荷が重いことを実感させる14着敗退。★ロードオブザリング | トップページ | JRA競走馬登録完了。☆ロードストーム »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクオフィサー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重賞では荷が重いことを実感させる14着敗退。★ロードオブザリング | トップページ | JRA競走馬登録完了。☆ロードストーム »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ