最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 8着に敗れるも、大外枠でも折り合いがついたのは1歩前進。☆ロードシュプリーム | トップページ | 28日に滋賀・グリーンウッドへ移動することに。☆ロードスパーク »

2013年6月23日 (日)

連闘で臨んだ1戦も、前走以上に行きっぷりが悪く…。見せ場なく7着に終わる。★シルクラングレー

Photo シルクラングレー(牡・友道)父クロフネ 母ジブリール

函館8R 500万下(ダ1700m) 7着(3番人気) 竹之下J

竹之下騎手「スタートは出ているのにそこから全然進んでくれませんでした。馬群から離れていたのでそれほど砂を被ったわけでもありませんし、気持ちが走る方向に向いていないのでしょう。一度使ってピリッとしてくれるかと思ったのですが、変わってくれなかったですね」

友道師「一度使ったことで馬の雰囲気は良くなっていたし、今週3鞍あった同じ条件の中で一番メンバーも楽なレースを選択したつもりだったのですが、相手云々の前にラングレー自身の気持ちがレースに向いていなかったですね。函館に来る前に天栄で一呼吸入れてから臨みましたが、もう少し長期間のリフレッシュが必要なのかもしれません。馬体のチェックをしてから放牧に出そうと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

後方から。ジリジリとした伸びで、もう少し時計がかかった方がいいのかも。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

連闘での1戦ながら、馬体が絞れ、ブリンカー着用で気合乗り上々。前走より戦いやすいメンバー構成でしたから、思惑どおりに前進を期待できると思ったのですが…。

ゲートを出たら、またまたズブさを出して、前走以上に行きっぷりが悪かったと思います。緩い流れなのに付いていけないようでは…。勝負どころで押し上げるシーンするなかったです。気ムラな面が一層悪い方へ出ています。ここまで来ると、対処法は去勢しかないのかな?

竹之下騎手はこの馬の癖を知り得ていると思いますが、この2走はどうもラングレーに遊ばれてしまっています。続戦するのなら、腕っ節の強い騎手の起用を考えてもらいたいです。

このクラスを実際に勝っている訳ですから、走る気ひとつで巻き返してくれると思うのですが…。現状は先の見えない暗闇に突入してしまったというところでしょうか。

« 8着に敗れるも、大外枠でも折り合いがついたのは1歩前進。☆ロードシュプリーム | トップページ | 28日に滋賀・グリーンウッドへ移動することに。☆ロードスパーク »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクラングレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8着に敗れるも、大外枠でも折り合いがついたのは1歩前進。☆ロードシュプリーム | トップページ | 28日に滋賀・グリーンウッドへ移動することに。☆ロードスパーク »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ