最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 北村友Jとのコンビで函館開催でのデビュー予定。☆メジャースタイル | トップページ | 久々の芝のレースで力のあるところを再認識。☆シルクオフィサー »

2013年6月 3日 (月)

重賞では荷が重いことを実感させる14着敗退。★ロードオブザリング

Photo ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

6月1日(土)阪神11R・鳴尾記念(G3)・国際・芝2000mに川田Jで出走。14着でした。

○川田騎手 「前々の位置取りで運ぶ予定だったものの、スタートで行き脚が付かずに後方からの競馬を強いられました。ただ、2番手から進めた馬が押し切る落ち着いた流れ。このままではマズイ・・・と思い、向正面で徐々にポジションを上げたんです。以前に同じような形で勝ったとは言え、当時は準オープンクラス。さすがに重賞メンバー相手に捲り切れないのは仕方ないかも知れません。最後までバテずに走っているだけに、もう少し序盤をスムーズに行けたら・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

重賞でも抜けた馬がいないのでそこそこやれるかなと淡い期待を持っていたのですが、良いところなく14着に終わりました。率直にOP・重賞では荷が重いのかなと思ってしまいました。

ゲートはほぼ五分に出たのですが、隣のナリタクリスタルに少しカットされる感じで後方からの位置取りに。向正面で押し上げた時は少し力が入りましたが、勝負どころで動けないというかやや後退加減に。背腰がパンとしていないので、力が外へ抜けている感じです。

何とか着順を押し上げることが出来るキッカケが欲しいですが、思ったほどの成長(背腰の強化)が感じられない現状では致し方ないのかなあ…。諦めずに調整法や馬具の工夫を考えていって欲しいです。

« 北村友Jとのコンビで函館開催でのデビュー予定。☆メジャースタイル | トップページ | 久々の芝のレースで力のあるところを再認識。☆シルクオフィサー »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北村友Jとのコンビで函館開催でのデビュー予定。☆メジャースタイル | トップページ | 久々の芝のレースで力のあるところを再認識。☆シルクオフィサー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ