最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(3歳未勝利・入厩組) | トップページ | 速い調教へなかなか移行できない現状を受けて、門別競馬へ転出。★シルクメビウス »

2013年5月30日 (木)

距離へのチャレンジも、良い仕上げで臨めるのは楽しみ。☆ロードカナロア

Photo_2 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

6月2日(日)東京・安田記念(G1)・国際・芝1600mに岩田Jで出走します。5月29日(水)稍重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン78.6-63.4-49.5-36.7-11.7 8分所を一杯に追っています。併せ馬では叩き一杯の相手の外を0秒9追走して0秒2先着。短評は「確かな伸び好時計」でした。

○安田調教助手 「5月29日(水)はウッドで。もう身体はデキているだけに、今朝は折り合いとラストの反応を確認する内容です。全て問題なし。良い状態で送り出せると思います。乗り方はジョッキーに一任。このまま無事にレース当日まで持って行ければ・・・」

≪調教時計≫
13.05.29 岩 田 栗CW稍 78.6 63.4 49.5 36.7 11.7(8) 一杯追伸る カレンシュガーレイ(古馬500万)叩一杯の外0秒9追走0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【安田記念】栗東レポート~ロードカナロア(ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

6月2日(日)に東京競馬場で行われる第63回安田記念(G1・芝1600m)に出走するロードカナロア(牡5、栗東・安田隆行厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

安田隆行調教師「今日はウッドチップコースで追い切って、岩田騎手にはそれなりにタイムを出して欲しいと指示しました。時計にしても、内容にしても満足できるものでしたね。

今度は1600mになりますが、僕自身もどんな感じになるのか、まだ見えて来ないんですね。馬自身は凄くやる気になっていますし、今はロードカナロアにすがるような気持ちです。ただ、出走させるからには行けるという手応えは持っています。タフな東京競馬場のマイル戦をこの馬がどんな風にこなしてくれるのか楽しみでもあり、不安でもありますね。

今は馬も本当に落ち着いていますし、乗り手の指示にも凄く従いますから、引っかかるというイメージはないですね。競馬と調教は違うとも言いますが、この馬の場合は調教が競馬につながるので、うまくこなして欲しいな、と思っています。

(マイル戦を使うにあたって何か調整に変化は)マイルに使うからどうこうではなく、今までと同じように調教してきました。今回は競馬の週はコースで追い切ろうと決めていましたし、調教に関しては万全だと思います。

去年は6月末に函館スプリントSを使って、秋に凄くいい形でつながったんですね。ですから、今年もぜひこの6月に一度使いたいと思っていたのですが、もう使うレースが限られてしまうので。そこで安田記念に的を絞ったのですが、本当にいい形で臨めそうです。馬自身がいい形で競馬を作ってくれれば、結果はついてくると思います。

マイルの強い馬に、スプリントのチャンピオンも加わりますし、本当に面白い競馬になると思いますから、ファンの皆さんにもぜひ注目していただきたいですね。安田記念を安田調教師が勝てば絵になると思うので(笑)、ぜひ応援をよろしくお願いします」

岩田康誠騎手「高松宮記念は強い馬が強い競馬をして勝った、というレースでしたね。堂々としていますし、乗っていてもどっしりとした走りをしてくれます。普段は大人しくて、レースに行けば気持ちがチェンジしてくれる馬なので心配していません。

中間の状態もいいと聞いていましたし、今朝追い切りに乗った感じでも、いい状態をキープできていると思います。馬も元気で、道中気持ちがオンになっていて反応も良かったですね。

この馬がマイル戦を走るのは久しぶりですが、1400mの阪急杯でもしっかりした競馬ができましたし、あと1ハロン長くなるだけですから、それを馬と自分自身がゴールから逆算して組み立てたいと思います。

どこからの競馬にも対応できる馬ですし、枠順なり、展開なりに応じて自分で(競馬を)組み立てられますから。距離という壁は不安材料だと思われるようですけど、僕自身不安はないですし、『世界の(ロード)カナロア』というところを見せたいと思います。世界の走りを見てください」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日に左回りのCWで脚慣らしをして、水曜日の最終追い切りでもCWコースを選択したロードカナロア。距離を意識して、少しでも大きなフォームで走れるようにという意図があったようです。通常の仕上げと異なることは嫌な材料の1つですが、カナロアには坂路だけでなくCWで負荷を掛けることは好調のバロメーター。頗る順調にここまで来れたのは何よりです。

そして、その動きも素晴らしかったです。岩田Jが初めて稽古で跨り、少し掛かるところはあったようですが、馬場の外を回っての先着。あの好時計でも、最後の直線は追い出すのを待つ余裕がありました。手綱を緩められた瞬間、併走馬にピタッとすぐ後ろに。活気ある表情+集中力を保った走りを見せてくれました。競馬ブックの調教短評“確かな伸び好時計”は初めて見たように思います。どこまでも伸びて行きそうな雰囲気だったので距離は大丈夫かと思います。

ただ、距離をこなせても、オルフェーヴルと戦ってきたショウナンマイティ・ダークシャドウらとのマイルでの最後の切れ味勝負がどうなのか…。これは実戦にならないと、分かりませんね。

ここはチャレンジの場だと思いますが、最終追い切りを見て、個人的には期待がグッと高まっています。

« シルクなお馬さん(3歳未勝利・入厩組) | トップページ | 速い調教へなかなか移行できない現状を受けて、門別競馬へ転出。★シルクメビウス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(3歳未勝利・入厩組) | トップページ | 速い調教へなかなか移行できない現状を受けて、門別競馬へ転出。★シルクメビウス »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ