2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 前走のように差す競馬に徹して。展開も味方しそうで、前走以上を期待。☆シルクプラズマ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・牧場組) »

2013年4月 7日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.317

(阪神11R)桜花賞(G1)

◎レッドオーヴァル、○クロフネサプライズ、▲トーセンソレイユ、△メイショウマンボ、×ローブティサージュ、×コレクターアイテム、★プリンセスジャック

大混戦の今年の桜花賞。ここ2走のレースぶり+今週の稽古からクロフネサプライズが最有力でしょう。ただ、G1の舞台ではペースが上がるので、先行押し切りは容易ではありません。母系は詰めの甘いところがあるだけに、勝ち切るかとなると半信半疑です。馬体が少し減っているのも気になる材料です。

そこで本命は前走の着順に目をつぶりレッドオーヴァル。前走はローブティサージュをマークしすぎました。それでも最速の末脚を使っているように能力の一端は見せています。あとは平常心のままパドックに登場できるかです。デムーロ兄の手腕に大いに期待です。

良血馬の活躍が目立つのが桜花賞。そこで注目したいのがやはりトーセンソレイユ。2戦2勝のキャリアですが、前走の勝ちっぷりは高く評価できます。非凡な根性も併せ持っているだけに、ゴール前で混戦になれば。ただ、これまで2戦は京都での競馬。初めての競馬場でイレ込まないか注意が必要でしょう。

1歩インパクトが足りない気がしますが、ここに来ての充実度は無視できないメイショウマンボ。ゲートに難がある馬だけに大外枠が当たったのは大ラッキーです。あまり欲を持たず、道中はじっと我慢して、直線勝負に徹してもらえれば。

×は須貝厩舎の2頭。実績は両馬とも認めるところも、前走が案外な内容。ローブティサージュは内枠が当たったのはプラスでしょうが、今回は外差し有利な馬場に。追い切りの動きは良好なのですが、普段の調教からゴネたり、気難しい面を見せているとのこと。レースへ行っての集中力が鍵になるかと。コレクターアイテムは今回は稽古を強めて、前回のようなことはなさそう。暮れのG1では1番人気に支持された馬。人気を落としているだけに、ココが狙い目かもしれません。

大穴でプリンセスジャックを。1戦級相手にはちょっと荷が重い現状ですが、稽古の動きは推進力を感じさせる良好な動き。揉まれ弱い馬なので、腹を括って末脚勝負に徹すれば、面白いと思うのですが…。

« 前走のように差す競馬に徹して。展開も味方しそうで、前走以上を期待。☆シルクプラズマ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・牧場組) »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前走のように差す競馬に徹して。展開も味方しそうで、前走以上を期待。☆シルクプラズマ | トップページ | シルクなお馬さん(3歳未勝利・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ