2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(関東馬) | トップページ | ロードなお馬さん(牧場組) »

2013年4月29日 (月)

天皇賞・春(G1)

1着 フェノーメノ(蛯名騎手) 「調子も良かったですし、自信を持って乗りました。1周目の坂の下りをうまく乗り切れれば、と思いましたし、うまく行きました。この馬のリズムを崩さないように、後ろから馬は来ていてもこの馬の競馬をすることだけ考えていました。古馬になってから本当にしっかりしてきましたし、この先も楽しみですね」

2着 トーセンラー(武豊騎手) 「惜しかったですね。レースは本当にうまく行きました。ただ、勝った馬は強かったです。一度も前に出られませんでした。それでも距離はこなしてくれましたし、馬もグッと良くなっていました」

3着 レッドカドー(G・モッセ騎手) 「馬場が硬いことで、馬が自分のベストを出せずセーブした感じになってしまいました。しかし、レースの結果自体には満足しています」

5着 ゴールドシップ(内田博騎手) 「4コーナーでトーセンラーとフェノーメノに並ぶつもりで強気に動いたのですが並べず、直線ではジャガーメイルにサッと行かれてしまいました。この馬の持ち味を出せませんでした。負けたことは悔しいですが、次に向けて挽回出来るように頑張りたいと思います」

*ラジオNIKKEI・ウェブサイトより

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めての関西遠征+プラス700mの未知の距離を克服して、フェノーメノは堂々の横綱相撲で完勝でした。ジャパンCの後、無理せずに充電を図って、心身ともに大人になってきたのが大きいですね。

トーセンラーはここを目標にしっかり仕上げてきましたね。武豊Jも3週連続で調教に跨っていたように意欲があったんでしょう。父に1番良く似ていると気に入っていた馬で結果を出せて良かったなあと思います。

レッドガトーは金曜日の調整で後ろのツメが欠けたようなことを競馬ブックの直前追いに書いていたのですが、あまり問題なかったようですね。距離もこなしましたし、ここ最近の充実は本物ということでしょう。

ゴールドシップはちょっと案外な負け方でした。今日の京都の馬場では後ろからでは苦しかったのは事実ですが…。わがままな気性が仇になったような。ジャガーメイルに外から被せられてちょっと嫌気が差したのかもしれません。直線で外に出したら、また伸びてはいました。

« シルクなお馬さん(関東馬) | トップページ | ロードなお馬さん(牧場組) »

競馬(情報+展望)」カテゴリの記事

週末の競馬より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(関東馬) | トップページ | ロードなお馬さん(牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ