2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 保存療法で治癒を待つことに。★ヴォルケンクラッツ | トップページ | 安田記念出走へ向けて、調整を進めることになりました。☆ロードカナロア »

2013年4月23日 (火)

レース後、左前の違和感が出て、NF天栄へ放牧に出ています。★シルクオフィサー

Photo_2 シルクオフィサー(牡・大竹)父マヤノトップガン 母ナイトクルーズ

先週8着でした。出遅れ気味のスタートとなり、中団馬群のインコースを追走し、そのまま脚を溜める形から、直線勝負に持ち込みましたが、この馬なりに脚を使っているものの、勝ち負けの争いには加われませんでした。横山典弘騎手は「今回の感じなら東京の1300m〜1400mぐらいでも大丈夫だと思います。もう少し気持ちが抜けてくれば、1600mでも大丈夫でしょう。あとはもう少し馬場が湿ってくれた方が良かったですね。本当は芝の方が良い馬だし、今回は生粋のダート馬向きの馬場でしたからね。脚元さえ大丈夫なら芝を使いたいところですけどね」と話し、調教師は「競馬の後、跛行までは行かないですが、やはり左前に違和感があるので、放牧に出して必要ならショックウェーブ治療をして様子を見てもらいます。ただ、せっかくここまで積み上げてきたものがあるので、緩めずにコンスタントに使っていきたいと思っています。できれば3週間ぐらいで戻して、6月の東京開催辺りを考えています。乗り役は芝が良いと言っているので、次は芝を使ってみたいと思います」と話しており、18日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。(4/17近況)

18日に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧されると、到着後はウォーキングマシンの調整です。「無事に到着しました。やはり歩様に違和感があるので、様子を見ながら治療していきます」と話しています。(4/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後、持病と言える左前の違和感が残るシルクオフィサーは、NF天栄へ放牧に出されました。

大竹調教師は3週間ほどで戻したいようですが、無理して左回りの競馬場でレースするのもどうかと思います。少し先延ばしにして、夏の福島開催で良いのではないでしょうか。また、鞍上の騎乗を優先するなら、函館へ持っていくのも手かと。洋芝で実績を残しているので面白いかと思います。

今後もレースを使いながら良化を窺うことになるでしょうが、まずは土台のケアをしっかり取り組んでもらいたいです。

« 保存療法で治癒を待つことに。★ヴォルケンクラッツ | トップページ | 安田記念出走へ向けて、調整を進めることになりました。☆ロードカナロア »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクオフィサー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 保存療法で治癒を待つことに。★ヴォルケンクラッツ | トップページ | 安田記念出走へ向けて、調整を進めることになりました。☆ロードカナロア »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ