最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 大きく崩れた後の1戦。じっくりタメる形の競馬でどれだけの末脚を引き出せるか…。☆ロードガルーダ | トップページ | 10日に栗東・池江寿厩舎へ戻っています。☆ジューヴルエール »

2013年4月13日 (土)

ダート2戦目で改めてどこまでやれるか注目の1戦。☆シルクキングリー

Photo シルクキングリー(牡・岡田)父ディープインパクト 母ステイトリースター

福島11R ラジオ福島賞(ダ1700m) 6枠11番 丸山J

初ダートの前走で2着と目処を立てると、その後は放牧に出て馬体回復を図っており、厩務員は「輸送自体が弱いと言うよりは、競馬場に着いてから飼葉を食べなくなるので、そのあたりが当日どうかですね。前走は2日前に競馬場に着いて、競馬まで時間が長かったことで余計に食べなかったけど、今回は土曜日なので前日輸送だし、競馬までの時間も短くなるので、負担は軽くなると思います。とても良い仕上がりで競馬に向かえると思うので、あとは自分のペースで競馬が出来れば、期待して良いと思いますよ」と話しています。(出走情報)

1回福島3日目(4月13日)
11R ラジオ福島賞(4歳上1000万下)
サラ ダート1700メートル ハンデ 発走15:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ブライティアトップ 牝4 52.0 田中健
2 2 ダークブレイズ 牡4 55.0 鮫島良太
2 3 タイセイワイルド 牡6 57.0 柴山雄一
3 4 エイトプリンス 牡5 55.0 杉原誠人
3 5 ジェットヴォイス 牡6 55.0 丸田恭介
4 6 シゲルクルミ 牡4 54.0 宮崎北斗
4 7 ミラグロッサ 牝5 52.0 大野拓弥
5 8 カネトシリープイン 牡5 56.0 藤岡康太
5 9 シルクコスモス セ6 54.0 松田大作
6 10 ナンヨースラッガー 牡6 53.0 西村太一
6 11 シルクキングリー 牡4 56.0 丸山元気
7 12 アドマイヤジャコモ 牡5 54.0 吉田隼人
7 13 トウカイアストロ 牡4 53.0 木幡初広
8 14 レッドアンバー 牡6 54.0 丹内祐次
8 15 セニョリータ 牝5 53.0 中舘英二

○岡田師 「前走は自分から早めに動いた分、目標にされたから仕方がないね。それでもダート適性は見せたし、更にやれていい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初ダートとなった前走。最後に詰めの甘さを出して差される格好になりましたが、1000万下でいきなりやれたのはダート適性があったからだとは思います。ただ、それ以上に機動力を生かせる小回りコースが合うのでしょう。

その後はトモに疲れが見受けられたので放牧へ。当初は京都開催での復帰を予定していましたが、この厩舎らしく前倒ししてきました。稽古の動きは悪くないですが、強調できるほどでもありません。今回は先行馬が揃い、ハンデ戦らしい出入りの激しい競馬が予想されるだけに、きっちり息が持つかは気になるところです。

あとはダートの良馬場でどういう走りが出来るかもポイントです。攻め駆けする馬ではなにのでパワーを要する馬場への不安も感じています。

戦法としては、前走のような早めの追い上げの形になるでしょうが、前走以上に差し・追い込みの展開が見込まれるだけに、4角を回ってから先頭に立つぐらいのイメージで少し我慢して乗ってもらいたいです。

ダート2戦目の今回。改めてどれだけやれるのか注目の1戦と思っています。前走同様に好結果を残せるようなら先々への期待は広がります。逆に目標にされて、ダートの良馬場で末脚をなくしてしまうケースも十分ありそうです。

« 大きく崩れた後の1戦。じっくりタメる形の競馬でどれだけの末脚を引き出せるか…。☆ロードガルーダ | トップページ | 10日に栗東・池江寿厩舎へ戻っています。☆ジューヴルエール »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクキングリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大きく崩れた後の1戦。じっくりタメる形の競馬でどれだけの末脚を引き出せるか…。☆ロードガルーダ | トップページ | 10日に栗東・池江寿厩舎へ戻っています。☆ジューヴルエール »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ