2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ダート2戦目で改めてどこまでやれるか注目の1戦。☆シルクキングリー | トップページ | まずは無事に。今回も前走のような走りを見せてもらいたい。☆シルクオフィサー »

2013年4月13日 (土)

10日に栗東・池江寿厩舎へ戻っています。☆ジューヴルエール

Photo_3 ジューヴルエール(牡・池江寿)父ディープインパクト 母マチカネタマカズラ

滋賀県・ノーザンファームしがらきで変わりなく調整を進めると、確認した調教師の指示で、10日に栗東へ帰厩しています。調教師は「早速坂路で乗り出していますが、12日に坂路で時計を出してみて、その動きを見てから今後の予定を決めて行きたいと思います。東京2週目・青葉賞が理想ですが、仕上がりがもう一つなら、東京3週目・プリンシパルSに回るつもりです。除外の心配はありますが、それは覚悟の上なので、使うつもりで進めて行こうと思います。ソエの状態はまだ万全とは言えませんが、しっかりケアをしながら進めて行きたいと思います」と話しています。(4/11近況)

助 手 12CW良 87.2- 70.4- 54.7- 40.5- 12.4 馬なり余力 パルラメンターレ(古1600万)馬なりの外を0.6秒先行3F付0.1秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ソエの療養で放牧に出ていたジューヴルエールですが、10日に栗東・池江寿厩舎へ戻りました。そして早速坂路でのキャンター調整を開始。当初は坂路で時計を出す予定でしたが、12日にCWコースで初時計をマークしています。下で追い切れるということは、思いのほかソエは我慢が利いているのかなと思います。

今後は青葉賞を目標に調整を進めていくことになるでしょうが、1勝馬での出走は厳しいかと思います。青葉賞はおそらく2勝馬同士の抽選でしょう。抽選突破が出走の前提になりますが、プリンシパルSで1発勝負を挑むことになってくると思います。

高い素質の持ち主ですが、やはり常識的には厳しいでしょうね。無理に進めて、大きな頓挫を招くことだけは避けてもらいたいです。

« ダート2戦目で改めてどこまでやれるか注目の1戦。☆シルクキングリー | トップページ | まずは無事に。今回も前走のような走りを見せてもらいたい。☆シルクオフィサー »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ジューヴルエール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダート2戦目で改めてどこまでやれるか注目の1戦。☆シルクキングリー | トップページ | まずは無事に。今回も前走のような走りを見せてもらいたい。☆シルクオフィサー »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ