2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 15日の放馬は痛く、最終追いは4Fからの変則追いに…。★シルクフォーチュン | トップページ | 中1週のローテで日経賞出走確定。★ロードオブザリング »

2013年3月21日 (木)

目を見張る精神面での充実ぶり。無事にレースを迎えて欲しい。☆ロードカナロア

Photo_3 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

3月24日(日)中京・高松宮記念(G1)・国際・芝1200mに岩田Jで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では優先順位1番目、同順位5頭で出走可能です。3月20日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に53.7-39.3-25.4-12.9 馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手を1秒0追走して0秒3先着。短評は「坂路コースで入念」でした。

○安田調教助手 「3月20日(水)は併せ馬で。最後まで余力十分に駆けていましたね。馬体も引き締まった感じ。心身共に充実しており、申し分ない仕上がりと言えるでしょう。負けられない立場。自分の力を出し切れれば、結果は自ずと付いて来るはずですよ」

≪調教時計≫
13.03.20 助手 栗東坂稍1回 53.7 39.3 25.4 12.9 馬なり余力 オーセロワ(古馬オープン)一杯を1秒0追走0秒3先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【高松宮記念】栗東レポート~ロードカナロア

●ロードカナロアについて安田隆行調教師

「先週、単走で追い切っていて、今週は多少の負荷をかけるつもりでいました。併せ馬で、先行馬を追いかける形。見る限りでは、完璧です。いい形でレースに挑めると思っています。

今回は中京競馬場の1200mで、直線の長いコースとなります。このタフなコースに耐えられるように、阪神の1400mをこなさなければならないと思い、(年明け初戦に)阪急杯を選択しました。十分満足できる内容でした。

やはり競馬ですから、何があるか分かりませんが、状態としてはいい形で出走させられます。いい結果を期待しています。(思い描くレースのイメージは?)やはり、ゴールを1着で通過することをイメージしています。

日本のロードカナロアではなく、今は世界のロードカナロア。今年は再び日本のタイトルを取れるように、応援してください」

●ロードカナロアについて岩田康誠騎手

「(追い切りを見た印象について)馬場が重かったのですが、いい追い切りができたのではないでしょうか。この馬自身が本当に強い馬ですから、自信をもって挑めると思います。自分自身は緊張せずに、馬を信頼しています。

前走は今年初戦で、馬は余裕をもった造りでしたが、その中であのパフォーマンスを見せられたのは心強いです。今回はG1で斤量1キロ減、自信を持って挑めます。今回は流れが速くなるでしょうが、どこからでもレースができますし、あとは抜け出すタイミングひとつ。行く馬のうしろにいれば、直線ではいいところを走れると思います。

香港スプリントであのパフォーマンスを見せてくれただけに、今年はこの馬に土をつけられません。負けられない一戦が続きます。一戦一戦、気持ちを引き締めながら、ひとつひとつ積み重ねていきたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【高松宮記念】ロードカナロア完璧 陣営「過去最高の出来」(スポニチより)

ロードカナロアに騎乗した安田翔助手の手はピクリとも動かなかった。最終追い切りのパートナーを務めた7歳オーセロワもオープン馬だが、完全に子供扱い。びっしり追われて食らい付こうとする僚馬を1馬身半置き去りにし、4F53秒7を叩き出した。

この日の坂路で7番目の好タイム。ラスト400メートルから1F12秒5、12秒9と12秒台を並べたのはトップ10内でこの馬だけ。しかも馬なりのまま。レベルの違いを見せつけた。見届けた安田師の表情は、自信に満ちていた。「負荷を掛けるため追いかけて併せた。55秒程度の指示。時計は速くなったが、最後は流していたし十分。見るからに完璧。これまでで一番の出来」

昨秋はスプリンターズS、香港スプリントとG1連勝。始動戦の阪急杯も他を寄せ付けず快勝。もはや敵なしという強さを誇るが、昨年のこのレースは3着に敗れた。師は「当時は5連勝中だったがG1は初めて。甘くなかった」と振り返る。

あれから1年。カナロアは期待通り成長した。「体がしっかり。走るのに必要な筋肉が付いた。これなら胸を張っていける」(同師)。馬体だけではない。前走の返し馬。トレーナーは愛馬の姿に驚いた。「非常に落ち着いていた。見ていて、凄い馬だなと思った」

もはや日本に敵はいない。ここは再び世界に羽ばたくための通過点。「いい勝ち方をしてほしい。もう、日本のカナロアではなく、世界のカナロアだから」と師は表現。さらに現在の完成度を問われた指揮官は「9割」と答えた。まだ強くなる余地があるのか。

香港で世界を制したカナロアだが、世界には他にも強力なスプリンターがいる。無敗23連勝中、オーストラリアのブラックキャビア。シンガポールG1、クリスフライヤー国際スプリント(5月19日)はカナロアの不出走が決まったが、いつか、この世界2強の激突が見たい。安田師は「今後のことはレースが終わってから」。まずはここに全力投球だ。世界中が期待する夢のバトル実現まで、連勝街道を突き進む。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースでは運も左右されるでしょうが、レースに向けての仕上げはホント思惑どおりに来ていると思います。

追い切りの時計は以前の派手さはないですが、併せ馬で良い集中力を持って走れていたと思いますし、威風堂々とオーラを発しながら駆け上がっています。

昨秋の2連勝で馬が相当自信をつけてくれたんだと思います。それに馬体の充実が更に加わってきたんでしょう。何度か言っていますが、父キングカメハメハの本格化していった時の姿を辿るかのようです。

今回はベストの芝1200で斤量も1キロ減。叩いた上積みも確実なので、今までよりも更に強い姿を見せてくれるかもしれません。この良い雰囲気を保って、レース当日を迎えて欲しいです。

あと、余談ですが、安田翔助手だけでなく、兄の安田景助手もカナロアのスプリンターズS勝ちのブルゾンをつけて調教してくれていました。ダッシャーゴーゴーの追い切りでもその姿を確認できたのはちょっと違和感がありましたが(笑)。まあ、スタッフ一丸で勝ちに行っているように思えるのは嬉しいものです。

« 15日の放馬は痛く、最終追いは4Fからの変則追いに…。★シルクフォーチュン | トップページ | 中1週のローテで日経賞出走確定。★ロードオブザリング »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さんこんにちはm(__)m

よく考えると高松宮は私の好きなシルクフォーチュンと二頭だしですねぇー(^-^)/

二頭のワイド一点応援馬券で買いたいと思ってます(^-^)/

ボビー777さん、こんばんは
カナロアは思惑通りに良い状態で出走できそうです。あとは早めに抜け出すのは避けて欲しいです。

フォーチュンは放馬の誤算が大きいです。また、良馬場決着だと厳しいかなあ? テン乗りで上手に乗りこなせるかも半信半疑です。強調材料は少ないですし、怪我なく無事に走ってきてもらいたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 15日の放馬は痛く、最終追いは4Fからの変則追いに…。★シルクフォーチュン | トップページ | 中1週のローテで日経賞出走確定。★ロードオブザリング »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ