最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 四位Jとのコンビで日曜京都・ダ1400(牝)へ。★アンビータブル | トップページ | 一頓挫後、初の時計をマーク。☆ロードオブザリング »

2013年2月14日 (木)

フェブラリーS1本に賭けた調整が良い方に出てくれることを願って。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

CWコースでキャンターの調整で、13日に時計を出しています。調教助手は「2週ビッシリやっているので、今週は輸送に備えて、終い重点でサッとやっておきました。先々週の段階では少し重い感じもありましたが、先週からグッと動きに素軽さが出て、今週の追い切りでは、かなり反応が良くなっていました。この馬なりに落ち着きもあって、本当にここまで順調に来れたので、あとは競馬に行って落ち着いてくれれば、良いレースをしてくれると思いますよ」と話しており、今週日曜日の東京・フェブラリーSに出走を予定しています。(2/14近況)

助 手 13CW不 66.1- 50.2- 37.2- 12.8 馬なり余力

⇒⇒東京11R フェブラリーS(G1)[ダ1600m・16頭]に横山典Jとのコンビで出走します。(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【フェブラリーS】フォーチュン自信仕上げ(サンスポより)

昨年2着のシルクフォーチュンは栗東CWコースで単走。馬なりで5ハロン66秒3、ラスト1ハロン12秒6。サッと流す感じの追い切りだったが、中間も同コースでしっかりと乗り込んできている。昨年12月のカペラS快勝以来になるものの、きっちりと力は出せそうな仕上がりだ。

藤沢則調教師は「テンションが上がらないように、根岸をSを使わずにここへ。けいこは予定通り。ベストの状態で出せると思います」と仕上がりに胸を張った。末脚の爆発力は相当。持ち味の生きる展開を待つ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【フェブラリーS】シルクフォーチュン奪冠へ「ベストの状態」(スポニチより)

レースで末脚を爆発させる態勢は整った。シルクフォーチュンは片山助手を背にCWコース単走、馬なり。雨で重くなった馬場を問題にせず、弾むようなフットワークで5F66秒1~12秒8で駆け抜けた。藤沢則師の感触がいい。「直線、仕掛ける程度で余力残し。先々週は太い感じがしたが、この感じならベストの状態で出せる」

昨年は根岸Sを豪快に差し切り、このレースが2着。昨年12月にカペラSを制した今回は、根岸Sをパスして、ここ一本に絞った。「結果論だが、昨年は根岸Sから中2週で、きつかったようだ。だから今年は“冒険”。もう1つ上を目指すために間を空けた」。頂点を極めるため、勇気を持って“休んだ”のだ。

コンスタントに芝並みの上がり3F34秒台を刻むエンジンは、東京の長い直線にうってつけ。「何とか勲章を獲らせたい」。昨年2着の借りは、ここで返す。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【フェブラリーS】栗東レポート~シルクフォーチュン(ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

◎シルクフォーチュンについて、藤沢則雄調教師

カペラステークスは横山典弘騎手が本当に上手く乗ってくれました。じっくり乗ってラストの脚を爆発させるレースが横山騎手に合っていたのかも知れませんね。

昨年のフェブラリーステークス2着の時と臨戦過程が変わりましたが、それはこの馬はテンションが高いので、昨年以上の結果を求めるためには中2週で東京輸送を繰り返すというのは厳しいのではないかと考えたからです。

カペラステークスの後は年内ゆっくりさせて、年が明けてから速い時計を出すように調教を続けてきました。

先週目一杯に追い切りましたが、最後までアゴをあげず頑張って走りました。ですから今週は気合を入れるだけの内容。以前に比べると折り合いにも進境が見られます。

あの素晴らしい末脚を爆発させて、何とかこの馬にG1を取らせてあげたいですね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日のフェブラリーSに出走するシルクフォーチュン。競馬ブックによると、先週CWコースでビシッと追われましたが、ゴール後に大きく躓いて落馬寸前のアクシデントがあっって、その影響が少し歩様に出ているとのでした。元々、捌きの硬い馬ではありますが…。

それを踏まえて、昨日の調教をGCとJRA-VANで見ました。後者は3角あたりから調教が見れるのですが、4角を回ってくるまでの勢いは物凄かったです。そして、直線もこの馬にすれば、弾むような感じを受けました。涼しげな表情も好感を持ちました。先週のアクシデントの影響はあまりないと思うのですが…。プロのジャッジをしっかり確認したいです。

あとは、展開の助けが欲しいです。1番人気になりそうなカレンブラックヒルが前へ行くタイプなので、他馬も少し前かがりになると思います。実際にタイセイレジェンドが逃げ宣言をしていますし、エスポワールシチーも松岡Jなので強気に乗ってくると思います。昨年のフェブラリーSや1昨年の南部杯のような流れになってくれるのではないでしょうか。

今日が誕生日のシルクフォーチュン。レース当日までしっかり微調整を施して、大一番に向って欲しいです。本日カペラSのパネルが届きましたが、G1勝ちのパネルを手に入れたいものです。

« 四位Jとのコンビで日曜京都・ダ1400(牝)へ。★アンビータブル | トップページ | 一頓挫後、初の時計をマーク。☆ロードオブザリング »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

焼魚定食さんこんにちはm(__)m

私の好きなシルクフォーチュンいい状態でフェブラリー迎えそうですね(^-^)/

いよいよ晩成期に達しているので大きな栄冠をとることを期待しています(^-^)馬券も当然軸でいこうと思います(^-^)v

ボビー777さん、こんばんは
フォーチュンは1週前の追い切りの反動が心配でしたが、それはだいぶ回復しているようです。

7歳馬ですが、骨折で1年1ヶ月休養していましたし、まだ若々しいところもあります。

調子は良いと思いますが、展開が向くかどうかが全てかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四位Jとのコンビで日曜京都・ダ1400(牝)へ。★アンビータブル | トップページ | 一頓挫後、初の時計をマーク。☆ロードオブザリング »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ