2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 京都のマイル戦は合う筈。除外を挟みながらの調整が影響しなければ…。☆シルクアーネスト | トップページ | 暴走するシーンはなかったも、だんだんと位置取りを悪くしてしまう。次の課題はスムーズにレースの流れに乗れるか…。★ロードシュプリーム »

2013年2月17日 (日)

前走同様に鞍上と息ピッタリの走りを見せて直線強襲を。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

東京11R フェブラリーS(G1)(ダ1600m) 8枠16番 横山典J

前走で3度目の重賞制覇を成し遂げると、その後はこのG1を目標に定め、中間は入念に調整を進めており、厩務員は「根岸Sを使わずに、ここを目標にしただけあって、仕上がり自体は間違いなく去年より良いと思います。年齢的に考えると今回が勝負だと思っているので、何とかここで大きい所を取ってほしいですね。年齢の割には馬体に張りが出て、成長が見えるぐらいで、上積みも見込めると思うけど、調子の良い時にしっかり結果を出さないと、いつチャンスが回ってくるか分からないからね。東京は何度も輸送しているので、心配はないと思うし、ゆったりゲートを出して行ってくれれば、しっかり脚を使ってくれると思います」と話し、調教師は「今週の追い切り後の馬体重は480キロで、輸送も考えると丁度良い体だと思います。追い切りはサッとやった程度ですが、先週より素軽く走っていたし、折り合いも付いていたので、良い追い切りが出来たと思います。速い馬も揃っているので、武蔵野Sより今回の方が流れも向くだろうし、この馬の展開になり易いと思うので、あとは追い出しのタイミング次第だと思います。最近好調の横山典弘騎手だし、この馬の力をしっかり出し切ってくれると思います」と話しています。(出走情報)

1回東京8日目(2月17日)
11R フェブラリーS(G1)
サラ ダート1600メートル 4歳上OP国際 指定 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マルカフリート 牡7 57.0 福永祐一
1 2 グレープブランデー 牡5 57.0 浜中俊
2 3 セイクリムズン 牡7 57.0 藤岡佑介
2 4 ナムラタイタン 牡7 57.0 太宰啓介
3 5 タイセイレジェンド 牡6 57.0 田辺裕信
3 6 エスポワールシチー 牡8 57.0 松岡正海
4 7 ガンジス 牡4 57.0 内田博幸
4 8 イジゲン 牡4 57.0 F・ベリー 
5 9 ヤマニンキングリー 牡8 57.0 武豊 
5 10 ワンダーアキュート 牡7 57.0 和田竜二
6 11 カレンブラックヒル 牡4 57.0 秋山真一郎 
6 12 ダノンカモン 牡7 57.0 W・ビュイック
7 13 エーシンウェズン 牡6 57.0 蛯名正義
7 14 テスタマッタ 牡7 57.0 岩田康誠
8 15 ガルボ 牡6 57.0 石橋脩
8 16 シルクフォーチュン 牡7 57.0 横山典弘

○藤沢則師 「前走が抜け出して余裕を見せるぐらい。鞍上がスムーズに運んでくれたし、マイルでも折り合ってリズム良く運べれば、終い伸びてくるからね。ゲートのことを考えると、偶数枠が欲しかったし、あとは、当日落ち着いて臨めれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年は根岸Sを挟まずフェブラリーSへ臨むシルクフォーチュン。間隔が空くと良くないタイプではありますが、今回は2ヶ月ちょっとですし、落ち着いた稽古の走りから良い雰囲気を保っていると思います。心配した1週前のハード調教による硬さは、日に日に解消して問題ない様子です。

枠順は大外枠が当たりました。距離ロスは心配ですが、ゲートで立ち上がろうとする馬なのでその点は最後の枠入りで問題なくゲートを出てくれると思います。

あとは道中のペースと折り合い次第。芝スタートでカレンブラックヒルが先手を握る可能性はありますが、逃げ宣言しているタイセイレジェンドは芝でダッシュが付かなくても強引に引っ張ってもらいたいです。エスポワールシチーもテンへ行けるスピードがあるし、勝機を見出すためにも淀みない流れに持ち込みたいでしょうから、Sペースは考えられないでしょう。

折り合いに関しては、芝の部分を問題なく乗り切り、離されすぎない位置で追走できれば。道中のロスを最小限にとどめたいです。

そして、どこで自慢の末脚にゴーサインを出すか。昨年のフェブラリーS、一昨年の南部杯は直線で勢い良く伸びてきましたが、最後はジリジリになっての2着。ゴール前での勢いは衰えています。

本質的にマイルは長いですし、良くて昨年くらいなのかなと想像します。あとは横山典Jの手腕でのプラスαでしょうか。それがどれくらいの力となるか…。これはレースへ行ってみないと分かりません。

追い込み馬なので展開にも左右されます。とにかく自分の形に徹して、チャンスが転がってきたら、それをきっちりモノにして欲しいです。

« 京都のマイル戦は合う筈。除外を挟みながらの調整が影響しなければ…。☆シルクアーネスト | トップページ | 暴走するシーンはなかったも、だんだんと位置取りを悪くしてしまう。次の課題はスムーズにレースの流れに乗れるか…。★ロードシュプリーム »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都のマイル戦は合う筈。除外を挟みながらの調整が影響しなければ…。☆シルクアーネスト | トップページ | 暴走するシーンはなかったも、だんだんと位置取りを悪くしてしまう。次の課題はスムーズにレースの流れに乗れるか…。★ロードシュプリーム »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ