2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 前々での競馬がベストと判明するも、逃げ馬を捕らえきれずに2着惜敗。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(2歳馬) »

2013年2月24日 (日)

王者の風格が漂う威風堂々たるレース運びで完勝。☆ロードカナロア

Photo_2 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

2月24日(日)阪神11R・阪急杯(G3)・国際・芝1400mに岩田Jで出走。16頭立て1番人気で2枠3番から平均ペースの道中を2、5、5番手と進み、直線では外を通って0秒1差で優勝。9勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分21秒0、上がり34秒5。馬体重は8キロ増加の502キロでした。

○岩田騎手 「スタートは良かったものの、その後は好位で我慢する形に。ある程度じっくり運ぼう・・・と事前に厩舎スタッフと話していましたのでね。ただ、道中は軽く促しながらの追走。そのあたりは久々の分かも知れません。最後に詰め寄られたとは言え、十分に余力を残しての先頭ゴール。始動戦としては上々の滑り出しでしょう。本番を見据えた仕上げか、まだ今日は6、7割ぐらいのデキ。次は更に良化を遂げると思います」

○安田調教助手 「前回の香港では序盤から積極的に進める競馬。そのような仕様には簡単に切り替わります。一方、逆のパターンに戻すのは相応の時間が必要に。色々なレースに対応する為に柔軟性が求められ、中間はリラックスを心掛けつつの調整でした。今日はパドックから結構おっとり。上手に走っていたものの、1400mも意識して加減し過ぎたかも知れません。あまり早く先頭に立つと遊ぶような面を見せるので、直線半ばぐらいで抜け出せれば・・・と描いていた通りの形に。勝ったのは勿論、着差以上に内容も評価できるでしょう。次は高松宮記念(GⅠ)へ。改装された中京はタフなコースだけに、今回の距離でも結果を残せた意義は大きいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○岩田騎手 「今年は負けるわけにはいかない立場。今年緒戦をこういう形で飾ることができて、次に向けて楽しみになりました。理想的な展開で、どこからでもレースができる馬ですからね。馬が完成されつつあります。4コーナー手前ではいくぶん仕掛けが早いかとも思いましたが、自信を持っていきました。最後までがんばってくれました」(ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

テンションを上げずに周回。二の脚が速く、一旦は前に出る。そこから行きたい馬を先に行かせて5番手で運ぶ。勝負どころで気合をつけたときの反応は少し鈍い感じだったが、直線で早めに前へ並びかけ、そのままリードを保ってゴール。1400mでも強さを見せつけた。(G誌)

ほぼ仕上がる。スッと行き脚がついて5番手。道中は前を追いかけず、この馬のペースを守って追走。4角手前から仕掛けて直線入り口で外へ。ひと息入れて1ハロン過ぎから追い出し、キッチリ抜け出して完勝。58キロ、1400mでも貫録勝ち。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【阪急杯】これが短距離王の脚!ロードカナロア完勝(サンスポより)

24日の阪神11Rで行われた第57回阪急杯(4歳上オープン、G3、芝1400メートル、16頭立て、1着賞金=3800万円)は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気ロードカナロア(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)が直線で外から抜け出して完勝。タイムは1分21秒0(良)。

これが王者の風格だ。好位追走から一番外に持ち出して差し切る横綱相撲。文句なしの完勝でロードカナロアが今季初戦を飾った。

レースはクィーンズバーンの逃げで始まったが、外からシゲルスダチが競りかけてハイペース。ロードカナロアは先行勢4頭を先に行かせて、離れた5番手からレースを進めた。勝負どころで各馬が仕掛けると、徐々に前を射程圏内にとらえ、4コーナーでは一番外に持ち出す。手応えの差は歴然。距離延長も初の58キロもまったく問題なく、あっさりと差し切った。3/4馬身差の2着は馬群の中から伸びた2番人気のマジンプロスパーで、クビ差の3着に好位から最内を突いた11番人気の伏兵オリービンが入っている。

ロードカナロアは、父キングカメハメハ、母レディブラッサム、母の父ストームキャットという血統。北海道新ひだか町・ケイアイファームの生産で、(株)ロードホースクラブの所有馬。通算成績は14戦9勝。重賞はG3I京阪杯(11年)、G3シルクロードS、G1スプリンターズS、G1香港スプリント(12年)に次いで5勝目。安田隆行調教師は阪急杯初勝利。岩田康誠騎手は10年エーシンフォワードに次いで阪急杯2勝目。

岩田康騎手は「今年は負けるわけにいかないと思っていたので、今年最初のレースをこうして勝てて、次に向かって楽しみになりました。どこからでもレースができる馬ですが、理想的な展開になったし、馬自体が完成されつつあります。4コーナー手前でいくぶん仕掛けが早いかと思いましたが、馬が自信を持って頑張ってくれました。ドバイに行きたい気持ちもありましたが、高松宮記念でこの馬の強さを証明して、今後に向けてステップアップしたいですね」と完勝のレース内容を振り返っていた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日本馬が何度も後塵を拝してきた香港スプリントを制した実力が、伊達じゃないというところを大いに見せてくれました。レースぶりも余裕綽々。距離延長に関しても、あまり気にしていなかったような仕掛け。カナロアも涼しい顔で阪神の芝を駆け抜けてくれました。

ただただ“凄い”のひと言ですが、以前はパドックで大人しかった馬が、パドックで誇示をするように姿を見せ、本馬場入場の際も走る気満々。王者の風格が溢れ出てきています。父キングカメハメハが本格化していった過程で増していった強さがダブります。

本番の高松宮記念まで中3週。まずはしっかり疲れを取り除いて、負けられない1戦へ進んで欲しいです。次走は左回り云々を言われそうですが、日曜日は左回りでの稽古となるCWで調整してきているので問題ないと思います。

仕上がりは良かったですが、叩いてシャキッとするでしょうから、次走はもっと良いパフォーマンスを見せてくれるでしょう。とにかく無事に1戦1戦を走り抜いて欲しいものです。

*ようやくスプリンターズSのブルゾンと2枚組のポスター、香港スプリント特製ゼッケン(有料)が届きました。

« 前々での競馬がベストと判明するも、逃げ馬を捕らえきれずに2着惜敗。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(2歳馬) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ロードカナロアはやはり強いですね。もう負ける要素はなさそうな感じがします。

ジューヴルエールは放牧ですね。池江調教師のコメントはどうなんでしよう?皐月賞挑戦はなくなりましたが、ダービー挑戦はもしかしたらあるかもしれない、と思いますが。

ぷーさん、こんばんは
カナロアへのお祝いのお言葉ありがとうございます。馬が自信をつけて、まだまだ力をつけている感じがします。余力を残して次へ迎えますし、油断することなくきっちり仕上げてもらいたいです。

ジューヴルエールは今後の状態次第でしょうが、ダービーTRに使えるようなら嬉しいですが…。まあ、1つ勝ったので、しっかり充電して戻ってきてもらいたいです。

焼魚定食さんこんばんはm(__)m

ロードカナロア凄いですねぇー(^-^)/優勝おめでとうございますm(__)m

左回りの中京がどうでるかはわかりませんが、今の充実度からいえば問題ないんではないでしょうか?

こんばんわ!
カナロア強かったですね!
あれほどのレースぶりとは想像以上でした。
前哨戦としては完璧ではないでしょうか。
持ったまま上がってきた時は鳥肌が立ちました(^_^;)
このまま無事G1を迎えてもらいたいですね!

ボビー777さん、こんばんは
カナロアへのお祝いのお言葉ありがとうございます。左回りの経験は少ないですが、癖のある馬ではないので、難なくこなしてくれるものと期待しています。まずは順調に高松宮記念に進んで欲しいです。

toraumaさん、こんばんは
カナロアは完調手前だったと思いますが、1400でも余裕を持って対応してくれましたね。直線で一気に前に追いついた脚は凄かったですし、抜けてからも差される雰囲気はなかったですね。

まずは無事に当日を迎えて欲しいですね。そして、良馬場で競馬ができれば。昨年のリベンジをしっかり果たしてもらいたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前々での競馬がベストと判明するも、逃げ馬を捕らえきれずに2着惜敗。☆ラストインパクト | トップページ | シルクなお馬さん(2歳馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ