2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« まだまだ課題は残るも、2戦目できっちり勝てたのが大きいです。☆ジューヴルエール | トップページ | 王者の風格が漂う威風堂々たるレース運びで完勝。☆ロードカナロア »

2013年2月24日 (日)

前々での競馬がベストと判明するも、逃げ馬を捕らえきれずに2着惜敗。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・松田博)父ディープインパクト 母スペリオルパール

阪神9R すみれS(芝2200m) 2着(1番人気) 川田J

川田騎手「返し馬で少し気負っていたので、ゲートはゆったり出して、1コーナーあたりまでも少し気負っていましたが、すぐに折り合いは付いてくれました。ペースが遅かったし、前とはそれほど離れずに追走させましたが、むしろ後ろの馬の方をマークしていました。あの位置なら十分に前を交わせると思っていましたが、併せると相手も二の脚を使い、交わすことが出来ませんでした。勝たないといけないレースだっただけに申し訳ありません。この馬もしっかり伸び脚を使っての結果だったので、今日は開幕週の馬場と展開が悪い方へ出てしまいました」

松田博師「この馬の勝ちパターンだと思ったのですが、勝った馬が上手く競馬をしてしましたね。ここは落とせないレースだっただけに、今後の予定が難しくなりましたが、トライアルと自己条件と両睨みで考えて行くしかないですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○川田騎手 「2番手をスムーズに取れましたが、後ろを気にしてペースを上げられず、前に残られてしまいました。申し訳ありません」(ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

前走の轍を踏まないように2番手。3着馬には2馬身半の差をつけているが、逃げたナリタパイレーツをマークしながら捕まえられなかったのはやはり物足りない。(B誌)

今回はスタートが決まり、2番手から。前でスムーズに流れに乗れた。直線でもしぶとく脚を使っているが、勝ち馬の脚が鈍らなかったこともあり、捕まえきれず。もう少し決め手強化の必要はあるが、素質は高く、すぐにチャンスはありそうだ。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離延長も問題なく、デビュー戦のようなスムーズな競馬ができたラストインパクト。ただ、もう1歩強気に前へ動いて行って欲しかったなあとは思います。イメージとしては、昨年日本ダービー3着のトーセンホマレボシのような競馬でしょうか。

誤算はデビュー戦を勝ってここに使ってきたプライドイズメシアやラキシス、そして未勝利の勝ちっぷりが良かったマウイノカオイといった強敵になるだろうという馬たちが揃ってだらしなかったのが…。後ろに見切りをつけて、直線で猛然と川田Jは追ってくれました。

ただ、追い出すと上体が浮く感じになり+大トビということで、見た目にモタモタと感じます。馬体と脚さばきが上手に連動すれば、切れが出てくるのでしょうが、パワーが勝っているのでしょう。最後も止まってはいないだけに、結果論として勿体ないレースになってしまったと言えます。

今日のような前々での立ち回りができれば、相手なりに今後も駆けてくれると思います。あとはスタミナを信じて、自分から仕掛けてどこまで踏ん張れるかです。

ダートに転じれば、ポンポンと行きそうな予感はしていますが、3歳春の時点はダービーを目指してローテを組んでいくのかなと思います。次走に関して、皐月賞出走への権利を賭けた戦いに参戦の可能性が高いかもしれませんが、個人的は3月23日中京・大寒桜賞で手堅く2勝目を目指して欲しいです。

« まだまだ課題は残るも、2戦目できっちり勝てたのが大きいです。☆ジューヴルエール | トップページ | 王者の風格が漂う威風堂々たるレース運びで完勝。☆ロードカナロア »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)ラストインパクト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ課題は残るも、2戦目できっちり勝てたのが大きいです。☆ジューヴルエール | トップページ | 王者の風格が漂う威風堂々たるレース運びで完勝。☆ロードカナロア »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ