2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 16日に栗東・領家厩舎へ戻ってきました。☆シルクメビウス | トップページ | 来週中の帰厩を予定しています。☆シルクプラズマ »

2013年1月18日 (金)

冬場+叩いた効果で状態は良好。あとは荒れ馬場を我慢できるか…。☆レディアルバローザ

Photo レディアルバローザ(牝・笹田)父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ

1月19日(土)京都11R・京都牝馬S(G3)・国際・牝馬限定・芝1600mにルメールJで出走します。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。発走は15時45分です。

1回京都6日目(1月19日)
11R 京都牝馬S(G3)
サラ 芝1600メートル(右・外回り)4歳上OP 国際 牝 指定 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アカンサス 牝5 54.0 三浦皇成
2 2 オウケンサクラ 牝6 54.0 北村友一
3 3 レディアルバローザ 牝6 55.0 C・ルメール
3 4 ハナズゴール 牝4 54.0 浜中俊
4 5 クィーンズバーン 牝5 54.0 藤岡佑介
4 6 サクラクローバー 牝6 54.0 幸英明
5 7 アスカトップレディ 牝6 54.0 酒井学
5 8 エーシンメンフィス 牝5 55.0 川須栄彦
6 9 フラワーロック 牝5 53.0 岩田康誠
6 10 ベストクルーズ 牝6 53.0 川田将雅
7 11 アンチュラス 牝4 53.0 池添謙一
7 12 アプリコットフィズ 牝6 56.0 武豊 
8 13 シースナイプ 牝6 54.0 藤田伸二
8 14 エーシンリターンズ 牝6 55.0 和田竜二

○笹田師 「久々の前走でも差のない競馬をしてくれた。冬場もいい馬だし、今回も限定戦だから十分やれると思う。好レースを期待」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【京都牝馬S】栗東レポート~レディアルバローザ(ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

◎レディアルバローザについて、笹田調教師

前走はもたついた面もありましたが休み明けとしては良く走ったと思います、いいレースでしたね。その後はここを目標に厩舎で調教を続けてきました。特にこの馬は冬場に調子を上げる傾向があるのでそれを維持するようにコントロールしてきました。また使われた上積みもあるので前走以上の出来にはあると思います。

今週は変則開催なので月曜日にポリトラックを使ってラストに重点を置いた調教、今日は坂路で同じくラストに重点を置きました。想定通りの時計で動きもこちらが思っている通りでした。

ただこの馬は痛んだ馬場はあまり得意ではないのですが、その点は他馬も同じです。鞍上にC.ルメールを迎えることも出来ましたし後はうまく流れが向いてもらいたいですね

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【京都牝馬S】追ってひと言(スポニチより)

笹田師 「予定通りの時計。寒い時季は元気だね。あとはルメールに任せる」(スポニチより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

冬は大好きアルバローザ上昇/京都牝馬S(日刊スポーツより)

ターコイズS(5着)をたたいたレディアルバローザ(牝6、笹田)が上昇ムード。坂路での単走追いは馬なりで4ハロン55秒3-12秒8を鋭くマークした。笹田師は「状態は良くなってる。暑い時期は駄目で、この時期は安定して走る。前走も展開次第で着順は変わっていたと思うし、ルメール騎手がどんな競馬をしてくれるか」と名手の手綱に託す。今春に繁殖入りするため、現役はあと少し。「使えるとしても中山牝馬Sぐらいだし、もう1つ勲章を取らせたい」と期待した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エプソムC以来となった前走は56キロの斤量を背負いながら、ジリジリ伸びて5着と内容は悪くなかったレディアルバローザ。年齢的に上昇は見込みづらいですが、牝馬同士なら十分やれるところを示してくれました。

その後はココを目標に丹念な調整。最終追い切りは、少し外へ張る仕草を見せつつも、馬なりで軽快な脚捌きに見えました。多くのキンカメ産駒に見られるように、寒い時期は元気一杯です。斤量が1キロ軽くなるのも良いでしょう。

あとは荒れてきている馬場をどう辛抱してくれるかに尽きます。先週までのグリーンベルト効果は薄れているでしょう…。枠は良いところが当たったと思います。元々、ゲートが上手な馬なので、出たなりで良いところをキープできるでしょう。

レースとすれば、瞬発力勝負だと分が悪いので、淀みなく流れて少しでも上がりが掛かる流れが理想かと思います。その点、今回逃げ・先行タイプが揃っているのは良いのではないでしょうか。

ルメールJは実戦で1度騎乗していますし、ダノンシャークの金杯のようなソツのないレース運びを期待しています。残り2戦の現役生活。少しでも上位に顔を覗かせて欲しいです。

« 16日に栗東・領家厩舎へ戻ってきました。☆シルクメビウス | トップページ | 来週中の帰厩を予定しています。☆シルクプラズマ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)レディアルバローザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 16日に栗東・領家厩舎へ戻ってきました。☆シルクメビウス | トップページ | 来週中の帰厩を予定しています。☆シルクプラズマ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ