最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.276 | トップページ | 坂を駆け上がって伸び悩む。勝ちに行った分、終い甘くなり4着。★シルクキングリー »

2012年11月25日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.295

(東京11R)ジャパンカップ(G1)

◎ルーラーシップ、○オルフェーヴル、▲ジェンティルドンナ

オルフェーヴルに頑張ってもらいたい気持ちはありますが、海外であれだけ激走した後だけに不安は残ります。また、ダービー以来の左回りも気掛かりな材料。

岩田Jが「ジャパンCはオルフェーヴルを負かす最大のチャンス」とコメントとしていましたが、それはルーラーシップにも強く言えると思います。天皇賞・秋は出遅れが響きましたが、最後はそれなりの伸びを見せ3着。太めが解消できなかった中で改めて能力の高さを見せてくれました。

そこをひと叩きされて、上昇度は1番でしょう。エイシンフラッシュ、フェノーメノは天皇賞・秋を、ジェンティルドンナは秋華賞を目標に仕上げた後の1戦。ルーラーシップはここを目標に仕上げてきたと思います。逆にここで勝てないようだと国内G1は縁がないかもしれません。

オルフェーヴルはパドックでどういう感じで現れるか注目したいです。ジワッと気合が乗っているようだと良いのですが、煩い仕草が目立つようだと心配です。いかに真面目に、まっすぐ走りきることができるかでしょうね。

ジェンティルドンナは牝馬三冠を目標にしてきたと思うのですが、デキ落ちよりも更に上昇しているような気もします。グングンとまだ進化を遂げているのかな…。53キロの斤量+オークスのパフォーマンスは惹かれるところ。ここ強豪揃いの中でどれだけやれるか楽しみです。

勝つ可能性があるのはこの3頭までかと思います。フェノーメノはこの距離で横綱相撲で押し切るのは容易ではありません。見せ場は十分あると思いますが、ひと押しがどうか…。あとは堀厩舎2頭が3着に紛れ込んでくる可能性はあるかとは思います。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.276 | トップページ | 坂を駆け上がって伸び悩む。勝ちに行った分、終い甘くなり4着。★シルクキングリー »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.276 | トップページ | 坂を駆け上がって伸び悩む。勝ちに行った分、終い甘くなり4着。★シルクキングリー »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ