最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 坂を駆け上がって伸び悩む。勝ちに行った分、終い甘くなり4着。★シルクキングリー | トップページ | レースセンスの高さを随所に感じる好内容でメイクデビュー勝ち。☆ラストインパクト »

2012年11月25日 (日)

【近況+出資理由】ジャックカガヤキの11

Photo_6 ジャックカガヤキの11(牡・吉村)父タニノギムレット

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン22~25秒ペース)。10月測定の馬体重457kg、体高154cm、胸囲176cm、管囲20cm。

○当地スタッフ 「重心の低い体型。なかなか力強いタイプですね。9月前半に乗り運動を開始。並脚、ダク、キャンターと段階を踏みました。そして、既に坂路コースでの調教も。ちょっと気の強い一面を覗かせるものの、それを含めて良い印象を抱いています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

募集DVDを見て、1番気に入ったのがジャックカガヤキの11。重心の低い体型からも父タニノギムレットの良いところが出ていて、身のこなしが大きいです。そして、前の繋ぎの柔軟性、踏み込みの深さ+飛節の伸びが○。これは兄シュプリームにも言えるのですが、肩の稼動域も大きいです。飛節が強そうなので、切れ味のある走りを見せてくれるのではと想像しています。

問題というか課題になってくるのは、気性面だと思います。気の強さが実戦に行って勝負根性に繋がってくれれば良いのですが…。実戦で制御するのが難しいとなると厄介です。表情+目つきは凛々しい感じではあります。

母親はこれまで産駒に恵まれませんでしたが、自身の競走生活のようにかなりの潜在能力を秘めていると思います。種馬の良いところを引き出しているのが好感です。

« 坂を駆け上がって伸び悩む。勝ちに行った分、終い甘くなり4着。★シルクキングリー | トップページ | レースセンスの高さを随所に感じる好内容でメイクデビュー勝ち。☆ラストインパクト »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードスパーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂を駆け上がって伸び悩む。勝ちに行った分、終い甘くなり4着。★シルクキングリー | トップページ | レースセンスの高さを随所に感じる好内容でメイクデビュー勝ち。☆ラストインパクト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ