2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 揉まれない外枠を生かして、悔いのない1戦を。★シルクベルジュール | トップページ | カレンブラックヒル、無傷の5連勝で古馬を完封 »

2012年10月 7日 (日)

2番手追走も、4角で早々に失速して10着に敗れる。★ロードレグルス

Photo_3 ロードレグルス(牡・清水久)父ゴールドアリュール 母シンコウエトワール

10月7日(日)京都2R・2歳未勝利・芝1600mに川田Jで出走。13頭立て2番人気で8枠12番からハイペースの道中を2、2、2番手と進み、直線では最内を通って1秒4差の10着でした。馬場は良。タイム1分36秒5、上がり38秒2。馬体重は増減無しの492kgでした。

○川田騎手「急に走り出したり、ちょっと叱ってみても無反応。返し馬から気ままな面が目に付きました。トモに緩さが残っており、全体を使い切れぬフォーム。無理に抑え込むよりは・・・と考えて前々で運んだものの、脚は溜まっていませんでした。直線を向いて追い出すと、今度は内にモタれるような格好。最後は自ら止めてしまった感じでしょう。ただ、逃げ馬が押し切るペース。あまりにも下がり過ぎでは・・・。色々な部分に矯正が必要かも知れません」

○清水調教師 「ハミを取らなかったのは前回も同じ。全力を出し切っていない様子からも、ちょっと生ズルい面を持っていると思います。また、増減無しの馬体重。まだ少し重目が残るのも確かでしょう。いずれにせよ残念な結果。本当に申し訳ありません。レース後の状態を踏まえつつ新たなプランを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○川田騎手 「無理せずに2番手で行っているんですけど、4角ではついて行けなくなって…」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

2番手で勝ち馬をピッタリとマーク。今日はさすがにペースが速かった。4角で既に一杯。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体重の増減はありませんでしたが、1度レースを使ったことで、コロンとした馬体はスッキリ見せていました。また、前回は多少煩いところを見せながらの周回でしたが、今回は落ち着きがあったように見えました。ただ、口の回りには白い泡が…。舌を越しているところも見られましたし、ハミ受けがシックリ来ていない印象が。集中力を欠いていたのかもしれません。

そう考えると、落ち着きがあったように見えたのは、単に元気がなかったと言えるかもしれません。4角で一気に手応えが怪しくなったのは、レグルスがレースをやめてしまったと言えるかもしれません。

デビュー戦の芝で3着と頑張りましたが、やはり本質はダート向きかと思います。直線でもう一段上のギアに入るようなところがありません。ややワンペースな走り。

デビュー戦で好走するも、2走目で逆に大きく崩れた場合は、巻き返すのは容易ではありません。1度、しっかりとリフレッシュを図って、1つ1つ焦らず積み重ねて行ってもらいたいです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【追記】

真面目に走ってくれなかったようですね。レースを使うよりも色々と稽古で教えていく必要があると思います。走るのが嫌にならないように、ケアに努めてもらいたいです。

« 揉まれない外枠を生かして、悔いのない1戦を。★シルクベルジュール | トップページ | カレンブラックヒル、無傷の5連勝で古馬を完封 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードレグルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 揉まれない外枠を生かして、悔いのない1戦を。★シルクベルジュール | トップページ | カレンブラックヒル、無傷の5連勝で古馬を完封 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ