2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 距離短縮で前進期待も、肝心のデキが一息なので…。★シルクベルジュール | トップページ | 芝のスピード・切れ味勝負には不向き。ダートの舞台に戻って、力をつけていって欲しい。★ロードクラヴィウス »

2012年9月 2日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.277

(小倉11R)小倉2歳S(G3)

☆マイネヴァイザー
☆エーシンセノーテ
☆ラヴァーズポイント
☆メジャーミノル
☆クラウンレガーロ

非常に難解なレース。上記5頭のボックスで遊びたいです。

マイネヴァイザーは前走の勝ちっぷりにあまり強さを感じなかったのですが、キャリアを積んでいるのは魅力。混戦になればより力を発揮してくれそうです。

エーシンセノーテは素直に勢いを信頼。こちらも既に3走しているのは好感で、小倉に滞在して臨めるのは、キャリアの浅い2歳には良いことかと。

強い内容でデビュー戦を勝ったのがラヴァーズポイント。そこから中1週での競馬になりますが、直前の稽古を加減なくビシッとやれたのは魅力。本来はもう少し距離が合った方が良いかもしれませんが、能力に期待。

デビュー戦を勝った後、少し間隔が空きましたが、ここを目標にしっかり乗られているのがメジャーミノル。今週も好時計で格上のサトノパンサーを圧倒しました。時計が速くなった時に課題が残るも、上昇度に期待。

連闘でここに臨むのがクラウンレガーロ。前走は相手に恵まれた感がありますが、センスの良さを見せて、軽く仕掛けただけで抜け出してきました。あの内容なら疲れも大丈夫かと思います。少しでも時計が掛かってくれるなら急浮上。

マイネルエテルネルは素質上位も、揉まれたどうか…。稽古で見せるようなモタれる仕草を見せるかも。8月8日に時計を出した後、23日まで時計が飛んでいるのも嫌な材料。人気を考慮すると、ここは軽視したいです。

(新潟11R)新潟記念(G3)

◎ムスカテール、○ステラロッサ、▲トウカイパラダイス、△タッチミーノット、×トランスワープ、×スマートシルエット

格上挑戦になりますが、前走の勝ちっぷりがひと皮剥けた印象のあるムスカテールを本命に。カフナが押し切ったかというところで、鋭い脚を使って力強く捕らえてくれました。左回りも良いのでしょう。それでも、元々が素質を高く評価されていた同馬。このメンバーならやれて不思議ないです。乗れている北村宏Jに52キロでここに臨めるのは大きいです。単勝をしっかり勝って、上記に名前を挙げていない馬へも手広く流したいと思います。

ステラロッサも格上挑戦になりますが、ここまでの実績を評価されての55キロ。もう1キロくらい軽くて良いような気がします。それでも左回りの直線の長い舞台は合いますし、堅実に差し込んできてくれると思います。前走を使った上積みにも期待。

トウカイパラダイスは時計が速くなった時に課題はあるでしょうが、ステラロッサ同様に左回りの直線の長い舞台が合うタイプ。前走の負けだけで評価が下がるならここは狙い目かと思います。

前走は負けすぎですが、馬場の影響が大きかったタッチミーノット。力はあるのですが、本来脚の使いどころが難しいタイプ。この相手で勝ち切ることが出来るかとなると、悩ましいですが、北海道から駆けつける鞍上の手腕に期待。

ここまで4頭の組み合わせはしっかり押さえたいと思います。×2頭は人気を集める先行馬。ちょっと嫌いたいところなんですが、前走の勢いは認めるところ。

人気を集めるトーセンラー、エクスペディションですが、前者は左回りがどうか。また、今週の稽古を見ると、ここまでずっと使われてきている疲れがあるようにも思いました。後者はこの時期は良い馬ですが、元々が小倉巧者。直線の長いコースでしっかり抜け出してこれるかとなると、そこまで力を信用していません。

« 距離短縮で前進期待も、肝心のデキが一息なので…。★シルクベルジュール | トップページ | 芝のスピード・切れ味勝負には不向き。ダートの舞台に戻って、力をつけていって欲しい。★ロードクラヴィウス »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 距離短縮で前進期待も、肝心のデキが一息なので…。★シルクベルジュール | トップページ | 芝のスピード・切れ味勝負には不向き。ダートの舞台に戻って、力をつけていって欲しい。★ロードクラヴィウス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ