最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 来週の出走に向けて、追い切りを重ねています。☆シルクアポロン | トップページ | 坂路で15-15を開始。帰厩に向けてピッチが上がってきました。☆シルクキングリー »

2012年9月27日 (木)

しっかり負荷を掛けて、大一番に臨めるのが何より。☆ロードカナロア

Photo_3 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

9月30日(日)中山・スプリンターズS(G1)・国際・芝1200mに岩田Jで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位4番目、同順位5頭で出走可能です。9月26日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に51.7-37.8-24.4-12.2 馬なりに乗っています。併せ馬では叩き一杯の相手を0秒8追走して首先着。短評は「坂路コースで入念」でした。

○安田調教師 「9月26日(水)は軽く気合いを付けて行きました。仕上がりは申し分なし。万全の態勢で送り込めそうです。前走はレース間隔が開いていたのも影響を及ぼした印象だけに、今回は一叩きの上積みが見込めるはず。あとは力関係だけ・・・でしょう」

≪調教時計≫
12.09.26 助手 栗東坂良1回 51.7 37.8 24.4 12.2 馬なり余力 ダッシャーゴーゴー(古馬オープン)叩一杯を0秒8追走首先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

●ロードカナロアについて安田隆行調教師

「最終追い切りの動きは、本当に良かったですね。前走は6月の函館スプリントSからやや間隔があいていて、その分だけ負けたのかなという感じがしました。今回は、前走を一度使って、万全の態勢でG1に挑めます。

函館から7月半ばに戻ってきて、そのあとはずっと栗東で調整してきました。今年の栗東は暑かったですが、夏を順調に過ごすことができました。前走後も、いい状態です。

ここのところは惜敗続きで、こちらとしても歯がゆいところがありました。ただ、高松宮記念のときは初めてのG1でしたから、3着も仕方ないかなと。今回のG1はいい状態で出走させることができます。無事に走って、いい結果を出して欲しいと思います」

(ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【スプリンターズS】カナロアG1もらった(サンスポより)

蹴り上げるウッドチップの勢いが他の馬とは明らかに違う。春の高松宮記念3着のロードカナロアが、短距離界の頂点まで突き抜けるような躍動感あふれる走りで絶好調をアピールした。

「今回は仕上がっています。前走の時とは筋肉の張りが違いますし、闘志を内に秘めている」

追い切りに騎乗した調教師の次男・安田翔伍調教助手が興奮気味に好気配を伝えた。坂路に登場したカナロアは、レースでもライバルとなるダッシャーゴーゴーを追いかける形でスタート。コーナーを曲がって外に併せると、鞍上のゴーサインを待ってましたとばかりにグングンと駆け上がっていく。相手はステッキを入れてついて行くのが精いっぱいだが、こちらは馬なりのまま並んでフィニッシュ。4ハロン51秒7-37秒8-12秒2を楽々とマークした。

「本当にいい動きでしたね。このところ惜敗が続いて歯がゆかったけれど、今回はいい状態で出走させることができる」

見届けた安田隆行調教師が、満足そうな笑顔を見せた。厩舎には昨年の最優秀短距離馬で史上初のスプリントGI3連勝を狙うカレンチャン、スプリント重賞3勝のダッシャーゴーゴーがいる。

「競馬ですから結果がどうなるかはわからないけど、奇跡を信じて1~3着を独占してほしい。どれが勝つのかプレッシャーを感じます」

有力馬3頭出しにうれしい悲鳴を上げる安田師だが、前走からの上昇気配、調教の動きではカナロアが他の2頭を上回る。デビューから11戦連続で支持された1番人気はカレンチャンに譲るかもしれないが、ロードカナロアが今度こそ厩舎のライバルたちを従えて、先頭でゴールを駆け抜ける。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セントウルS2着から中2週。どういう仕上げで臨めるか注目していましたが、ダッシャーゴーゴーを追走して併せる最終追い切りを敢行。追い切りを見ましたが、並び駆けるとそのまま併走が続きましたが、ダッシャーが最後鞭を入れられる中、馬なりでスッとアタマ差ほど抜ける形になりました。開門直後とはいえ、跳ね上がるチップの量・高さは桁違いでした。状態は間違いなく前走以上でしょう。涼しくなってきて、活気も戻ってきました。

高松宮記念とは違い、ここまで厩舎の想定どおりに仕上がりだと思います。あとは無事に中山への長距離輸送をこなしてくれるかどうか。また、台風接近で馬場状態も気になるところ。道悪でも滑るような馬場はあまり良くないかと思います。

不利なく競馬が出来れば、これまでどおりの安定感を見せてくれると思います。ただ、この相手にひと押しが利くかどうか。まだまだ成長過程の馬だと思うので、現状の完成度でどこまで通用するかだと思います。この良い雰囲気を保って、レース当日を迎えてもらいたいです。

« 来週の出走に向けて、追い切りを重ねています。☆シルクアポロン | トップページ | 坂路で15-15を開始。帰厩に向けてピッチが上がってきました。☆シルクキングリー »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

明らかに前走とは仕上げ方が違いますね。
こういう仕上げ方をするために、前走はかるめだったんですね。
カナロア自身はまだまだ伸び代があると思います。
が、カレンチャン、2キロ差になるのが…というところですね。

焼魚定食さん、悲願のG1制覇、応援しています!!

うりぼ~さん、こんばんは
前走は仕上がりすぎるのを嫌って、カレンチャンと併せながらも余裕を持たせていたと思います。

今回は中2週ながら、緩めず攻めることが出来たと思います。あとは中山への輸送で馬体減などなければ良いのですが…。パドックで活気があるかが見極めポイントでしょうか。

まずはスムーズな競馬をしてもらいたいです。それで結果が伴わなければ、まだまだ力不足なんだと思います。真ん中の枠が当たって欲しいです。

焼魚定食さん、こんばんは☆
いよいよカナロアのスプリンターズS挑戦ですね。
状態面は私も最終追いきりを見て、動きも重苦しさが抜け、筋肉の張りもよくなってきたように思います。
枠順は・・・こことちゃうかなって予感がしたそのままの枠でした・・・がっくり★

ロードって極端な枠が多いですね。
この前の重賞2戦は1番枠でしたし、ラディアントも中山は大外か1番ばかりだったような・・・

ダローネガの時も中山のマイルGⅠで大外ですし、愛馬全体的に大舞台ではついていないです★

お天気はどうなんでしょうね・・・
渋るとさらに内枠有利でしょうし、気になりますね。
なんとか不利を跳ね除け頑張ってもらいたいです!

ぼんちゃんさん、おはようございます。
カナロアはひと叩きして、気候も涼しくなってきたこともあって、状態面での大幅なアップは見込めそうですね。ただ、今度は大外枠とは…。ちょっと運のない馬ですね。さすがにこの枠ならスタートを出していく戦法になるかと思います。そう考えると、前走の走りが活きてくるかと。ペースは少し落ち着いて欲しいですが、外国馬がいるから予想しづらいですね。

出来るだけ距離損をなくして、直線の攻防でひと踏ん張りしてもらいたいです。良い結果が出て欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来週の出走に向けて、追い切りを重ねています。☆シルクアポロン | トップページ | 坂路で15-15を開始。帰厩に向けてピッチが上がってきました。☆シルクキングリー »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ