2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.255 | トップページ | 関屋記念(G3)登録馬・一覧 »

2012年8月 5日 (日)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.273

(小倉11R)小倉記念(G3)

◎ダノンバラード、○トーセンラー、▲エクスペディション、△ゲシュタルト、×ワルキューレ、×タムロスカイ

人気を分けている2頭の対決だと思います。芝2000の持ち時計がないのは気掛かりですが、軽い小倉の芝はどちらも合うタイプ。時計短縮は可能と見ます。エクスペディションは夏の小倉で変身を期待。逆にここで変わり身がないと、先々は苦しいかと。ゲシュタルトは新人の中井Jが乗ることも人気を落としている要因ですが、馬場の良い小倉で巻き返しが見込めます。少頭数での競馬もプラス材料かと。勝ち切るまでは苦しいも2着争いに注意。あとは夏女で軽量が魅力のワルキューレ、ベストは芝1800も相手なりに走るタムロスカイを押さえます。

(新潟11R)レパードS(G3)

◎キングブレイク、○イジゲン、▲ホッコータルマエ、△ナムラビクター

層の厚い3歳世代のダート勢。ここもレベルの高い争いになるかと思います。その中でも頭ほど抜けているのが4頭かなと思います。荒削りながら能力を秘めているのはイジゲン。まともに走れば突き抜ける可能性大ですが、初めての左回り+カーブのきつい新潟コースで捌き切れないシーンも想定したいです。そこでダート1800での先行力を評価するとキングブレイク。もう一つ勝ち切れないですが、軽めのダートはベストですし、うまく流れに乗り切れれば、激走してくれる筈。あとは先行できて、粘り強い脚を使うキングブレイクとよく似た脚質の▲△の2頭も注意。ここは印4頭のボックスを強弱つけて。

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.255 | トップページ | 関屋記念(G3)登録馬・一覧 »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼魚定食のコロコロ予想 vol.255 | トップページ | 関屋記念(G3)登録馬・一覧 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ