最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(藤沢則厩舎) | トップページ | 今回も速い上がりの決着で見劣ってしまう。★シルクアーネスト »

2012年8月12日 (日)

直線で外へフワッとしてヒヤリとするも、後続の追撃を退けてメイクデビュー勝ち。☆ロードクラヴィウス

Photo_3 ロードクラヴィウス(牡・安田隆)父アドマイヤムーン 母ダイワデリカシー

8月11日(土)札幌5R・2歳新馬・ダート1700mに池添Jで出走。6頭立て1番人気で4枠4番から平均ペースの道中を1、1、1、1番手と進み、直線では最内を通って0秒2差で優勝。初勝利を飾りました。馬場は良。タイム1分49秒9、上がり38秒2。馬体重は444キロでした。

○安田調教師 「事前に決めていた訳とは違うものの、押し出されるような格好でハナへ。砂を被らずに走れたのは結果的に良かったかも知れません。今週は芝1800mの新馬戦も組まれており、そちらも一旦は視野に。でも、相手関係等からもダートの方がチャンスは大きいでしょうからね。無事に勝利を飾れたのは何より。一応、今後は札幌2歳S(G3)も視野に入れたいと思います。でも、まずはレース後の状態を確認しないと。あとはジョッキーの意見も参考に判断する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○池添騎手 「返し馬のときからとてもよくて、いいところがあると思っていましたが、期待通りの競馬でした。1頭になるとフワフワしたりと、まだ緩いところがあるので、締まってくるとさらによくなると思います。現状はダートの方がよさそうです」 (ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がり良好。スタート後に窮屈になったが、1~2角で馬なりのままハナへ。引きつけた逃げ。直線の半ばで外へフラついていたが、危なげなく逃げ切った。ここでは攻めの質、量ともに抜けた存在だったが、芝でもやれそうな走りっぷり。(B誌)

パドックでも抜けた好馬体。二の脚が速く、コーナーワークでハナを奪い、マイペースの逃げへ。勝負どころからペースアップし、後続をきっちり抑え込むソツのない内容。ここでは完成度が違った。(G誌)

2歳馬診断 ★★★

ハナを奪ったが、全く掛かるそぶりもみせず、レースぶりは文句なし。鞍上に従順で控えても競馬はできそう。好馬体で奥を感じさせる素材。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週の追い切りが案外だったので、ちょっと心配していましたが、クラヴィウスは1番人気に応えて、メイクデビュー勝ちを果たしてくれました。まずは勝てたのが何よりです。

パドックでは他馬と比べて、仕上がりの良さは目立ちました。ただ、それでもトモの踏み込みに力強さに欠け、物足りなさも感じました。馬体だけなら、ワイルドラッシュ産駒のドコフクカゼが良く見せていました。

ゲートはモサッと出ましたが、二の脚でカバー。少し行きたがる面がありましたが、ハナへ立つと折り合いはつきました。レースは一団で流れて行きましたが、マズマズの手応えで引っ張る形。追っつけるところもなく直線へ。追い出すと少し頭を上げる形でフワフワして、直線半ばで少し外へヨレる形に。その空いたところを一気に岩田Jのドコフクカゼが突っ込んできました。一瞬、ヒヤッとしましたが、後ろから突付かれるとまた伸びる感じに。ゴール前は逆に少し突き放したようにも見えました。派手さはなかったですが、着差以上の完勝だったと思います。

この後は、札幌2歳Sを視野に入れての調整とのこと。ただ、コスモス賞を勝ったラウンドワールド、函館・札幌で芝1800を勝ち上がった馬に比べると、さすがに分が悪そうです。クラヴィウスの掻きこむような前捌きはダート向きでしょうし。個人的には、ダートの中距離戦が充実してくるまで、成長を促してもらいたいと思っています。

« シルクなお馬さん(藤沢則厩舎) | トップページ | 今回も速い上がりの決着で見劣ってしまう。★シルクアーネスト »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードクラヴィウス」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

2歳馬の2頭目勝利、おめでとうございます。

ロードのお馬さんは調子がいいですね。イメージとしてロードは走っていますね。

焼魚定食さんのシルク馬はこれからですね。ジューヴルエールは、頓挫しないように祈る気持ちです。

昨日は出資馬のエステートが頑張ってくれました。メビウスと同期生。晩成のようなので、まだ成長してくれるようです。

ぷーさん、おはようございます。
クラヴィウスへのお祝いのお言葉ありがとうございます。伸びシロはあると思うので、慌てず成長を促しながら使ってもらいたいです。

ディープインパクト産駒がなく、世代的にどうかな?と思っていましたが、デビューしたロードの2歳馬はここまで全て複勝圏内ですし、頑張っていると思います。

シルクの2歳馬は例年どおりスロー発進になるでしょうね。半数近くが3歳デビューかもしれません。まあ、焦っても仕方ないので、ジューヴルエール、ユニバーサルキングは早く軌道に乗ってもらいたいです。

エステートは3着馬を離していますし、次こそ1000万下クラス脱出ですね。

おめでとうございます!
しっかり乗り込まれていましたから、
デビュー戦からきっちり結果を出してくれましたね。
このあたりの調整も安田厩舎の良さでしょうね。
今はダートの方が良さそうですか?
2歳ダート路線もなかなか面白いので、
これからが楽しみですね!

toraumaさん、おはようございます。
クラヴィウスへのお祝いのお言葉ありがとうございます。派手さはなかったですが、ソツのない内容で最後まで抜かさず頑張ってくれたと思います。ここまできっちり乗り込んできたアドバンテージもあったでしょうね。toraumaさんのアウトシャインも勝ち上がっていますし、さすがに安田厩舎とロードとの相性はさすがですね。

芝だと切れ味不足だと思いますが、ダートで立ち回りの上手さを生かしてもらいたいです。手薄なダート2歳路線でコツコツ賞金を稼いでもらいたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(藤沢則厩舎) | トップページ | 今回も速い上がりの決着で見劣ってしまう。★シルクアーネスト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ