2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« 直線で力尽きるも、粘り腰を発揮して4着に踏みとどまる。☆ロードエアフォース | トップページ | 函館記念(G3)・登録馬一覧 »

2012年7月 8日 (日)

最後の最後でこの馬らしい追い込みを見せるも、突き抜けることは出来ず5着に敗れる。★シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

中京11R プロキオンS(ダ1400m) 5着[2番人気]

藤岡康騎手「前が引っ張ってくれていたし、良い感じで折り合いも付いて、感触はかなり良かったので、外に出しても十分捕まえられると思いました。ファリダットとの追い比べになると思いましたが、思った以上に前との差が詰まってきませんでした。この馬としてはしっかり脚を使ってくれたけど、これだけ馬場が軽いとさすがに前有利ですしね。それを考えれば良く頑張ってくれたと思いますが、状態がかなり良くなっていたので、悔しいです。かしわ記念では掛かってしまったので、今回どれだけ影響するか心配でしたが、いつも通りにうまく折り合ってくれたので、この馬本来の走りが出来たと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「返し馬から具合がよかっただけに残念です。でも、乾いていながらレコードが出るような馬場では追い込みタイプのこの馬には厳しいですね」 (ラジオNIKKEI・ウェブサイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

減っていた馬体は戻る。スタートがひと息で、折り合いを重視して後方をポツリと追走する形。直線でファリダットのさらに外を回す形で追い込みに入るが、勝ち馬が止まらなかった。(G誌)

好仕上がり。出遅れて最後方から。道中もジックリ構えてしまいに賭けるレース。なるべく内を通って4角で大外へ。直線半ばでファリダットに追いつき、一緒によく差を詰めたが、ここまで。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の大敗から、ここを目標にしっかり立て直してくれました。ゲート再審査の影響で細くなっていた馬体も回復。逞しさを増してのレースでした。

パドックでは初めての場所で多少ピリピリしていましたが、馬場に出てからは素直に、返し馬で暴走するシーンもなく、折り合いがついていました。『この雰囲気なら…』と期待が高まりました。

ゲートは普通に出ましたが、行き脚がなく最後方から。あえて、ジワッと出したのかもしれません。ただ、芝部分が200mほどあるコースなので、前との差は大きくなりました。それでもフォーチュン自身は折り合いもついて、自分の競馬は出来ていました。

ただ、新中京コースは直線に坂があるとはいえ、上りきってラスト1ハロンはまた平坦に。勝ったトシキャンディは坂下で突き放し、最後は流れに身を任せる感じで粘り切りました。

フォーチュンは勢いをつけて4角を回り、大外へ。その時点で届きそうな雰囲気もあったのですが、グッと伸びて来たのが最後の最後。ファリダットの佐藤哲Jは直線で左鞭から切り替えて右鞭で追っていましたが、替えた瞬間にフォーチュン自身がちょっと躊躇してしまったようにも見えました。結局はファリダットを捕らえきることも出来ずに5着に敗れてしまいました。

追い込み馬だけに展開・コース形態に左右されるのは仕方ありません。ただ、いつものように上がり35秒台を切る脚を使っていれば、勝ち馬と同タイム以上の結果に。結果論ですが、縦長の展開なので、4角でのコースロスを避けて、馬込みを捌いて差を詰めてもらいたかったです。

結果はちょっと残念ですが、しっかり立て直すことが出来たのは明るい材料です。展開など色々な条件に左右される一方で、まとめて負かす決め手を秘めるのがフォーチュンです。あまり適鞍はないのですが、秋も1戦1戦大事に走ってもらいたいです。

« 直線で力尽きるも、粘り腰を発揮して4着に踏みとどまる。☆ロードエアフォース | トップページ | 函館記念(G3)・登録馬一覧 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクフォーチュン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 直線で力尽きるも、粘り腰を発揮して4着に踏みとどまる。☆ロードエアフォース | トップページ | 函館記念(G3)・登録馬一覧 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ