2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ようやく能力の片鱗を発揮。3戦目での勝ち上がり。☆ロードハリケーン | トップページ | 痛恨の出遅れ。またもSペースの展開にも泣かされる。★シルクアーネスト »

2012年7月29日 (日)

4角でオッと思わせる展開も、直線で脚が上がってしまい4着に。☆ロードランパート

Photo_6 ロードランパート(牡・池江寿)父ディープインパクト 母ジャズキャット

7月29日(日)小倉9R・国東特別・混合・芝2000mに幸Jで出走。10頭立て5番人気で8枠10番から平均ペースの道中を5、4、2、2番手と進み、直線では内を通って0秒6差の4着でした。馬場は良。タイム1分57秒8、上がり35秒7。馬体重は2kg増加の470kgでした。

○池江調教師 「あまり切れる脚は使えぬだけに、早目に動くのは予定通りの作戦。道中は淡々とした流れに映り、ジョッキーも同じような感覚で運んでいたと思います。ただ、結果的には幾らかペースが速かったのかも。でも、勝ちに行っての4着ですからね。この競馬が次に必ずや生きるはず。高速決着の2000m戦に対応できたのも評価すべき部分でしょう。掲示板を確保して次走を優位に選べる立場。特に問題が無ければ今後も続戦の方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○幸騎手 「前半ズブかったので、向正面で気合をつけたらハミを取って行きました。結果的にはもう少し我慢できていれば良かったです」(馬三郎より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位の外。向正面で少しずつ前との差をつめ、残り600mから仕掛けて逃げたフミノに並びかけに行った。一旦は先頭。しかし、そこからがジリジリで、上位馬に瞬発力勝負で見劣ってしまう。(B誌)

中位の外で運ぶ。向正面からジワリと動いて、3コーナーでは2番手集団へ。さらにフミノポールスターから主導権を奪いつつ直線に向く。その勢いで押し切りを目指したが…」(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

春の新潟戦以来にレースとなったランパート。パドックの気配は目立ちませんでしたが、ひとまず外々を周回していました。

レースでは、大外枠だったので、ゲートは無難に出ました。出たなりの位置からジワッと押し上げる形で追走。勝負どころでズブさが目立つかなあと見ていましたが、3角手前で気合をつけると、意外にもスッと反応。4角手前で先頭に並びかける競馬になりました。

まさかの良い展開に力が入ったのですが、直線を向いてからはジリっぽくなって詰めが甘くなってしまいました。手応えはあったと思ったのですが…。まあ、幸Jのコメントどおり、仕掛けが速すぎた格好になってしまいました。

それでも今日のようなスムーズな競馬が出来たのは収穫です。距離へのメドをつけてくれました。あとはどこで仕掛けるか…。直線でもう一伸びできるようになってくれば、まだまだ上を目指せる筈です。

今日のところは、続戦への目安となる5着以内を確保できたので良しとします。1度使ったことで、最後の辛抱が利くようになってくれることを願っています。

« ようやく能力の片鱗を発揮。3戦目での勝ち上がり。☆ロードハリケーン | トップページ | 痛恨の出遅れ。またもSペースの展開にも泣かされる。★シルクアーネスト »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードランパート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく能力の片鱗を発揮。3戦目での勝ち上がり。☆ロードハリケーン | トップページ | 痛恨の出遅れ。またもSペースの展開にも泣かされる。★シルクアーネスト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ