2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 仕上がり良好で期待高まるのも束の間、レースで派手に大暴走してしまう。★シルクレイノルズ | トップページ | シルクなお馬さん(6歳馬) »

2012年7月29日 (日)

26日に函館競馬場へ移動しました。☆シルクオフィサー

Photo_2 シルクオフィサー(牡・大竹)父マヤノトップガン 母ナイトクルーズ

北海道・ノーザンファーム空港で調整中です。トレッドミル・角馬場・屋内坂路を併用して、キャンターの調教を付けられています。調教師は「牧場からゴーサインが出ましたので、函館競馬場へ戻す事にしました。芝1800mではハミを噛んでしまいそうですし、1500mという感じもしないので、休み明け緒戦はダ1700mが良いと思います」と話しており、26日に函館競馬場へ帰厩する予定になりました。(7/26近況)

⇒⇒26日(木)に函館競馬場へ帰厩しました。(27日・最新情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

未勝利→500万下を連勝後、放牧に出され、そして復帰への態勢を整えていたところでの骨折。軽度の症状でしたが、その回復がちょっと思わしくなく復帰が長引いていたシルクオフィサーがようやく厩舎(函館競馬場)に戻ってきました。

余裕のあった馬体も徐々に絞れ、上の画像とは違う最新のものでは、さらに凛々しさを増しています。乗り出してからはピッチを緩めることがなかったので、この休養で弱かった部分が解消されつつあり、良い意味で充電期間になった可能性が高いです。あとは、折り合い面で乗り難しさがある馬なので、その点が変わって来ているのかも気になるところです。パワーが付いて余計に乗り難しくなったということは避けて欲しいのですが…。

復帰戦は久々の1戦ということで、ダート戦での復帰を検討しているとのこと。強い内容で勝った未勝利戦の内容からも問題ありません。

あとは、厩舎に戻ってからの調整がこのままスムーズに行ってくれることを願うばかりです。

« 仕上がり良好で期待高まるのも束の間、レースで派手に大暴走してしまう。★シルクレイノルズ | トップページ | シルクなお馬さん(6歳馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)シルクオフィサー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕上がり良好で期待高まるのも束の間、レースで派手に大暴走してしまう。★シルクレイノルズ | トップページ | シルクなお馬さん(6歳馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ