2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(3歳1勝馬・放牧組) | トップページ | 後脚飛節の腫れは段々と良化の傾向も、無理をせずに一旦放牧へ。★ロードレグルス »

2012年6月14日 (木)

唸るような気配ではないも、動ける態勢は整いました。☆ロードカナロア

Photo_2 ロードカナロア(牡・安田隆)父キングカメハメハ 母レディブラッサム

6月17日(日)函館・函館スプリントS(G3)・国際・芝1200mに福永Jで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位2番目、同順位1頭で出走可能です。6月13日(水)良の函館・ダートコースで5ハロン66.3-51.0-37.6-12.1 4分所を馬なりに乗っています。短評は「動きダイナミック」でした。

○安田調教師 「6月13日(水)も無事に追い切りを終えた様子。周回コースでは幾らか右側へ張るものの、それで結果を残して来ましたからね。特に心配も不要では・・・。予定通りに調整が進み、これで態勢はOK。ここはメンバー的にも負けられない気持ちです」

≪調教時計≫
12.06.13 助手 函館ダ良 66.3 51.0 37.6 12.1(4) 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【函館スプリントS】カナロア抜群!12秒1(スポニチより)

主役候補がきっちりと態勢を整えた。「第19回函館スプリントS」の追い切りが13日、函館競馬場で行われ、高松宮記念3着以来となるロードカナロアがダートコースで抜群の動きを披露。同厩舎の先輩兼ライバルのカレンチャンが昨年制したレースを、今年はカナロアが飛躍のステップにする。

函館の朝は連日、6月とは思えない寒さ。ピリッと引き締まった空気を切り裂くようにロードカナロアがダートコースを一気に駆け抜けた。先週のWコースで併せ馬をこなして、この日は単走。道中しっかりスピードをコントロールしながら絶好の手応えで直線へ。終始馬なりで5F66秒3~1F12秒1だ。脚力は際立っていた。安田翔助手が感触を伝える。

「ウッドチップだとコーナーがきつ過ぎるので今朝はダートでやった。栗東でもコースでやると右に張る面があるんだけど、それは想像していた通り。息遣いはいい」

前走・高松宮記念3着後は放牧で一息入れて先月1日に帰厩。栗東、函館でじっくり乗り込みを重ねてきた。スプリンターズSを目指して始動戦に選んだのがこの函館。目標はまだ先とあって良化の余地を残しながら、なおかつ力を出せるレベルに仕上がった。安田翔助手が続ける。

「放牧で心身共にリフレッシュ。いい状態で帰ってきた。いったんスイッチをオフにしたので、なかなか競馬モードに入らなかったけど先週の併せ馬で競馬が近付いているのを察知してくれた」

芝1200メートルで7戦6勝と黒星を喫したのは前走だけ。京阪杯、シルクロードSで既にG3・2勝、さらにG1・3着と実績は飛び抜けている。安田翔助手は「休み明けで初の滞在競馬、洋芝とクリアすべき課題はあるけど今後のことを考えれば言い訳できない馬だと思う」とキッパリ。抜群の身体能力を誇る天才肌のスプリンターが函館で好スタートを切る。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨日の最終追い切りはもう少しビシッとやっても良かった気がしますが、動き&時計は休み明けを考えると及第点かと思います。56キロで出走が可能ですし、走り慣れた右回り。洋芝も左回りに戸惑った前走でも形は作ったので、心配なしでしょう。

ただ、前走で連勝は止まり、一時期の勢いはストップしました。再出発という意味合いが強いレースなので、足踏みするような内容は避けてもらいたいです。ここでしっかり秋への気運が高まるパフォーマンスを見せて欲しいです。

« シルクなお馬さん(3歳1勝馬・放牧組) | トップページ | 後脚飛節の腫れは段々と良化の傾向も、無理をせずに一旦放牧へ。★ロードレグルス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードカナロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(3歳1勝馬・放牧組) | トップページ | 後脚飛節の腫れは段々と良化の傾向も、無理をせずに一旦放牧へ。★ロードレグルス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ