最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 良い条件が揃った復帰3戦目。そろそろ本領発揮の走りを見せてもらいたい。☆スターコレクション | トップページ | ようやく出走態勢が整う。去勢馬だけに実戦でどれだけ真面目に走ってくれるか…。☆シルクベルジュール »

2012年5月 4日 (金)

焼魚定食のまんぷく予想 vol.260

(京都11R)京都新聞杯(G2)

◎アドマイヤバラード、○エキストラエンド、▲ベールドインパクト、△メイショウカドマツ、×ニューダイナスティ、×トーセンホマレボシ

ここはアドバイヤバラードとエキストラエンドとの一騎打ちだと思っています。アドマイヤバラードアは繋ぎが長く、切れ味を生かせる良馬場なら更に切れる筈。そして、時計の出る軽い京都の芝もプラスに出ると思います。完成度は低くても、確かな素質と上昇度に賭けたいと思います。

エキストラエンドは弥生賞以来のレース。前走はSペースで外々を回されたのが結果的に響きました。それでも外から差し込んで5着確保。6着がフェノーメノだったし、価値はあると思います。ちょっと硬さのある母系なので、京都の速い決着がどうか?とも思いますが、京都での未勝利を好時計で勝っている事実があるので、さほど心配する必要はないかも。

京都コースに替わると決め手の差が出てしまうかもしれませんが、距離への対応と前での機動力を考えると、皐月賞組のベールドインパクトを見直し。1歩先に動いて、後続の追撃を振り切れるか。

乱ペースの皐月賞で粘り腰が目立ったメイショウカドマツ。コンスタントに使われてきていますが、デキ落ちがなく、ホントタフなお馬さんです。ここも前々での競馬から粘り込みを図りたいところですが、サイレントサタデーなど同型もいるだけに…。前有利の京都ですが、このメンバーを引き連れて押し切るシーンは想像できないので、連下まで。

ニューダイナスティも前々で渋太さを生かしたいところ。力のある馬ですが、切れ味を求められる決着ではまだまだ分が悪いと思います。

トーセンホマレボシはパドックでも踏み込みの浅さが目立ち、まだまだ緩さが残ります。そのところが短期放牧でどこまで解消されてきたか…。大型馬のディープインパクト産駒。切れ味よりも長く良い脚を使うタイプ。秋の菊花賞には再び台頭してくるでしょうが、現状では完成度の差が出てしまうように思います。

« 良い条件が揃った復帰3戦目。そろそろ本領発揮の走りを見せてもらいたい。☆スターコレクション | トップページ | ようやく出走態勢が整う。去勢馬だけに実戦でどれだけ真面目に走ってくれるか…。☆シルクベルジュール »

焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 良い条件が揃った復帰3戦目。そろそろ本領発揮の走りを見せてもらいたい。☆スターコレクション | トップページ | ようやく出走態勢が整う。去勢馬だけに実戦でどれだけ真面目に走ってくれるか…。☆シルクベルジュール »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ