最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 道中追走に余裕がなく、4角で最後方では…。不完全燃焼の7着。★ロードランパート | トップページ | 速いペースの追走に脚を使い、4角で早々に脚色が鈍くなり脱落。14着に終わる。★ロードエアフォース »

2012年5月20日 (日)

瞬発力の差が出るも、直線でもう伸びが出来ずに4着に敗れる。★ロードオブザリング

Photo ロードオブザリング(牡・笹田)父ホワイトマズル 母レディフューチャー

5月20日(日)京都9R・烏丸S・混合・芝2400mに池添Jで出走。4着でした。14頭立て1番人気で8枠13番から平均ペースの道中を4、4、3、4番手と進み、直線では内を通って0秒4差の4着でした。馬場は良。タイム2分24秒4、上がり34秒8。馬体重は4kg増加の506kgでした。

○池添騎手 「手綱は抑えたまま。道中は非常に楽でしたよ。ペースが速かったのは逃げた1頭だけ。位置取り、展開等を含めて絶好だったと思います。ただ、最後の直線はジリっぽい感じに。前方を走る馬がフラ付いていて多少は煽りを受けたものの、それにしても追ってからの伸びが案外でした。もしかすると微妙に距離が長いのかも。1ハロンだけの違いとは言え、2200mまではビュンと来ますからね。残念」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○池添騎手 「いいところで折り合いがついたし、もっと伸びると思って追い出したんですけどね。2200メートルなら終いくるのに、2400になるとジリジリに。あと1ハロンでこんなに違うのでしょうか」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走のメモ】

4~5番手で折り合いがつき、スムーズなレース運び。いい感じで流れに乗ったが、直線でジリっぽくなり、伸びそうで伸び切れず。(G誌)

返し馬で少し硬さが目についた。早めに内に入れてスムーズな追走。カフナをマークする感じの位置取り。ソツなく進めていたが、結局前のカフナを捕らえきれず。決め手の差が出た感じは受ける。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックでは2人引きながら落ち着きがあって、雰囲気が良かったリング。プラス4キロで気持ち立派かなあと思いましたが、充実ぶりを感じました。

レースはスタートを無難にまとめて、4番手の内に切り込んでの追走。折り合いもついていたと思います。当面のライバル、ダコールが思いのほか後ろだったので、前を交わしさえすればと思ったんですが…。

結果はダコールが外から目の覚める末脚を繰り出して、一気に突き抜けました。リングは追い出した時に前走のようにグッと反応するシーンがなかったです。それでも最後は盛り返し気味だったので、距離ではないと思うのですが…。

単純に切れ味の差が出たと言えますが、久々の前走で走りすぎたので、2走目のポカかなあ? あとは外が伸びるようになってきていたのに、直線で内を突いたこともあるかもしれません。不器用な馬ですし、狭いところを走らせるよりは、直線で外へ持ち出してノビノビ走らせるのが良いのかもしれません。

これで秋まで京都開催がありません。この後、どういうローテを組み立てるか笹田師のジャッジに注目したいです。

« 道中追走に余裕がなく、4角で最後方では…。不完全燃焼の7着。★ロードランパート | トップページ | 速いペースの追走に脚を使い、4角で早々に脚色が鈍くなり脱落。14着に終わる。★ロードエアフォース »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードオブザリング」カテゴリの記事

コメント

いま、帰りの新幹線です〜。
笹田センセーも、2400は長いのかもって言ってたそうです…違うと思うけど。
今日は最初出して行った分と、おっしゃる通り2走目のポカか反動でしょう(と思いたい)

続戦か休ませるかはまだ決めてないみたいでした。
とりあえずレクチャーで聞いてきたことです〜♫

うりぼ~さん、こんばんは
現地での応援、お疲れ様でした。また、早速貴重な情報ありがとうございます。

パタッと止まった訳じゃないので、目に見えないところで前走の反動が残っていたのかもしれませんね。今日はリング以外に、笹田=池添コンビで2頭ほど出ていましたが、サッパリな結果に終わっていました。特に池添騎手は先週、今週と見せ場のない騎乗が続いているようにも思います。直線は広い外へ持ち出して欲しかったです。

焼魚定食さん、こんばんは☆
リングくん、今回は人気を背負っていただけに4着はがっくりでした。
特にタニノエポレットはアンカツさんでしたし、なんだか嫌な予感はしていましたが、あれはなんとしても3着死守してもらいたかったです。
差されるなよーもうちょっと追えよ~ってちょっといらっとしました^^;

明日のレース分析の完全タイム差を見ないとはっきりわかりませんが、このクラスの2400mにしては流れが遅すぎたと思います。
なので後ろからの差し馬がバンバン決まったのかなぁって。

にしてもリングもちょいと踏ん張りがきかなかったですね。
前走の劇走の反動が少なからずあったと思います。

リングってペースがよどみなく流れてくれたほうがいいので、一度京都以外でも重賞クラスのハンデ戦に出走させてもらいたいです。
案外いけるんじゃないかって思っているんですけど・・甘いかなぁ。

ぼんちゃんさん、こんばんは
ダコールは佐藤哲Jに戻って、本来の実力が発揮されたと思います。リングは直線で内を突かずに広いところに持って行ってもらいたかったです。距離は大丈夫と思いますが、前走で激走した反動が出てしまったものだと私も思います。少し硬いところがあったようですし。

ちょっと決め手不足というのは否めないですが、少しでも上がりの掛かる条件なら、さほど力差はないでしょうね。ただ、もう少しトモの甘さが解消してきてくれないと厳しいようにも思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道中追走に余裕がなく、4角で最後方では…。不完全燃焼の7着。★ロードランパート | トップページ | 速いペースの追走に脚を使い、4角で早々に脚色が鈍くなり脱落。14着に終わる。★ロードエアフォース »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ